また会いたいと思わせる恋愛テクニック

| [モテる男性の行動] | 2,845 views

ef04190c433fce42ccea85087c60e5d0_s

先日、ツタヤにいったら、いつのまにか、アメリカのテレビドラマ「ロスト」の最終回がレンタル開始されていました。
私は、このロストをかれこれ3年以上にわたって見続けていたので、最終回には色々感慨深いものがありました。

ロスト、観たことありますか?
まあ、ここで内容を紹介しても仕方がないので、気になる方は観て下さい。
面白いですが、レンタルでも全て観終わるまでに数万円かかります・・・
「ロスト」のように長期間にわたって放映されるドラマは、視聴者を飽きさせないよう、たくさんの工夫がされています。
そのひとつが、「山場を小出しにする」ということです。
例えば、もしこんな1時間ドラマがあったらどうでしょう。
第一話
何不自由なく育った主人公だが、実は両親は実の親ではないことに気づく。
本当の両親を探して旅に出ると、ギャングの抗争に巻き込まれる。
危なく死にそうになるが、ある少女の機転のおかげで危機を脱出。
その少女と恋に落ちて素晴らしい一晩を過ごすが、その少女が実は
脱獄した殺人犯。
事情を聴いて逃げるのを助けるが、最後になって裏切られる。
次週予告
「未来からの使者!!」
見てね!!
いや、観たいけど(笑)
たった一時間のドラマにこれだけ盛り込んだら、ちょっと無理がありますよね。
この後、どうまとめるのか不安になってしまいます。
だから、多くのテレビドラマは、一話につき山場をひとつだけにして、できるだけ長く興味を持ってもらうよう、ひっぱるのです。
女性との関係を考えるうえでも、興味を持ち続けてもらうというのは大事な要素です。
好きな女性と話す機会があると舞い上がってしまい、自分のアピールポイントを矢継ぎ早に伝えたり、とっておきの笑い話をおしみなく出してしまう人がいます。
少ないチャンスに自分を売り込みたい気持ちはわかりますが、大抵、空回りして、そのうち飽きられてしまいます。
女性との接触でも、山場は1つで十分です。
そのかわり、毎回、何かしらの刺激を与えるのです。
そうすることで、この人と会うといつも何かがある。もっと会いたいと思ってくれます。
ドラマと同じです。