新しい挑戦をしない人はモテないオヤジになる

| [モテる男性の行動] | 2,874 views

a1020_000109

「理屈抜きで信じる」
これを宗教と呼ぶのであれば、仏教やキリスト教以外にも世の中には沢山の宗教があります。

例えば、ウィンドウズ教とマック教。
ウィンドウズ教を信じている人は、マックを毛嫌いし、どんな説得をしてもマックを触ってみようとしません。

実をいうと、私もウィンドウズ教の熱心な信者でした。

「だって、使っている人が多ければ、マニュアルやフリーソフトが充実してるでしょ」
「どうせ同じパソコンなんだから、マックだってたいして変わらないじゃん」

そんな言い訳を繰り返し、まわりの勧めにも応じず、ずっとマックを否定し続けて
きました。

ところが、昨年7月ぐらいに、ウィンドウズのノートが壊れたことと、iPhoneを使い始めたことがきっかけでMacBookにを購入してみたのです。

そしたら、びっくり。
すげー使いやすいんです。

なんで今まであれほどウィンドウズにこだわっていたのか、それまでの私が理解できませんでした。

起動は速いし、動作は軽いし、トラックパッドがピンチインとか
ジェスチャーに対応していて、さらには・・・

まあ、よしましょう。
今回お伝えしたいのはあなたをマック教に引き込みたいからではありません。

お伝えしたいのは、あなたは、よく考えもせず、何かの信者になっていませんか?
ということです。
ウィンドウズVSマックだけでなく、対立する宗教は他にもあります。

賃貸VS持ち家
ガラケーVSスマートフォン
松屋VS吉野家
現金VS電子マネー
海外旅行VS国内旅行

etc・・・


あなたの周りにも、このようなことで、やたらこだわる人っていませんか?
賃貸なんかずっとお金払うだけで、何も残らないじゃん。
持ち家だったら資産になるしさ・・・
まだ国内で行った事がない場所が沢山あるのに、海外旅行なんて興味ないよ。それに韓国とか中国とかって日本嫌いなんでしょ?

こういった言葉を聞くと、私は頭がクラクラしてきてしまいます。
きちんと考えて、両方試した結果どちらかにこだわっているのであれば、問題ありませんが、多くの場合、こだわりは単なる惰性に過ぎません。

例えば、持ち家は、税金や修理費、30年後の資産価値、場所を固定されるリスクなどを詳細に検討すれば、賃貸と等価です。
どちらが優れているというわけではなく、好みの問題です。
こんなことは、エクセルでも使って計算すればすぐにわかることです。

また、韓国や中国を旅行してみればわかりますが、ほとんどが、とても親切な人ばかりです。
日本人だからと言って差別されるようなことはまずありません。
むしろ日本の有名人や有名ブランドを挙げて、褒め称える人が沢山います。

別に国内の温泉に行きたければ行けばいいのですが、こんな理由で海外旅行を否定する人は、私には理解できません。
実際に自分の目で見ず、くだらないネットの情報や、一部メディアの報道を真に受けるからこんなことを言い出すのです。

世の中には、自分の目で見たり、考えることを放棄してしまっている人がなんて多いことか。
もしかしたら、あなたもその一人かもしれません。
「頑固じじい」と呼ばれて嫌われる年寄りがいますが、あなたは、すでに若くして頑固じじいになっていないでしょうか?

理屈抜きでこだわると、思考が停止します。
思考が停止すれば、時代についていけなくなります。
時代についていけなくなれば、魅力がなくなります。
魅力がなくなれば、女性からモテません。