浮気がバレる15の証拠とアリバイ対策

| [モテる男性の行動] | 85,368 views

フラレれたときの対応

浮気は男の甲斐性なんて言葉があります。
賛否両論あるかと思いますが、私は、どのみち複数の女性と関係を持ちます。

ただし私は、複数の女性と同時に遊んでいても、それぞれに「他にも女がいる」ということをほとんどの場合に伝えてあるので、浮気がバレても問題ありません。
ですから、他の女性の存在がバレたところで、修羅場になることは、まずありません。

とはいえ、やはり他の女性の影が見えたら、やはり気分が悪いのは女心として当然でしょう。
ですから、私は他の女性の存在がわからない工夫をあれこれと身につけてきました。

それをまとめたものが、これから解説する、「浮気がバレる14の原因と対策」です。
これは、私が日々気をつけていることです。
あなたも浮気を公言しているかどうかはわかりませんが、やはり浮気がバレたら困るというのが本音でないでしょうか。
相手の女性を傷つけないためにも、ぜひ参考にして下さい。


浮気がバレる状況「体・持ち物」編


自分の体から、浮気の痕跡がみつかってしまうことはよくあります。

灯台もと暗し。
意外と自分では気づきにくいことがありますので、十分に注意しましょう。

ケース1 キスマークが見つかる

首まわりから、キスマークが見つかって浮気がバレるなんて、映画みたいな話ですが、これが実際に起こり得る話なので、油断ができません、
とくに浮気相手がわざと残そうとした場合は、非常にたちが悪いものです。
そうでなくても、セックスの興奮で思わずつけられてしまう場合があるので注意が必要です。
浮気相手とセックスをしたときは、首筋、胸、肩など、キスマークが残りやすいところを、必ず鏡でチェックしましょう。

キスマークは、要するに内出血ですので、なかなか消えません。
つけられない注意も必要ですが、つけられてしまったら、数日間は本命に見つからないように必要があります。
なお、肩などを噛まれた場合は、翌日になって跡が現れる可能性がありますので、同様に注意します。

ケース2 石鹸やシャンプーの匂いがする

仕事帰りに浮気をしたとき、石鹸の匂いがすれば、一発でバレます。
風俗も同様ですね。

それほど、女性は臭いに敏感です。

ラブホで休憩して、その日に家に帰るつもりなら、石鹸の使用はペニス周辺やお尻、ワキの下程度にとどめ、体全体はお湯で流すだけにしましょう
髪をシャンプーで洗うなんてのは厳禁です。
友達の飲みに行ったはずなのに、髪や肌がやたらとサラサラして帰ってくるというのも、疑われる原因になります。


ケース3 携帯の中を見られる

携帯の管理は、複数の女性と接するのであれば基本中の基本です。
細心の注意を払って下さい。

まずは、メールやラインのメッセージ、電話の履歴はすぐに消すのが鉄則です。
後で消そうなんて考えておくと、消し忘れてしまいます。

怪しいメールをすぐに削除をしても、自分が知らないうちに、いつの間にか届いている可能性があります。
これを見られたらたまらないので、勝手に携帯の中を見られないために、パスワードを必ずかけましょう。
このパスワードも、数回横から見ていればバレてしまうので、念を入れてたまに変更するべきです。

また、浮気相手の名前の登録も、苗字だけにしたり、男っぽい名前に変えておけば、不意に電話の着信をみられても安心です。
ついでに、着信音もサイレント設定にしておきましょう

浮気相手の女性が、あなたに本命の女性がいることを伝えてあるならば、連絡のとりかたを指定することも重要です。
サンチェは、浮気相手にできるだけ携帯への連絡をしないようにお願いしています。

そのかわり、G-mailのアドレスを教えておき、携帯から接続して読むことにしています。
この方法なら、突然メールがきてびびることもありません。
とにかく、携帯には十分すぎるほど注意しましょう。


ケース4 財布やポケットな中を探られる

財布やポケットの中に、余計なものが残っていると、そこからアリバイが崩れて大変なことになってしまいます。
財布の中から浮気したときの飲み屋のレシートがみつかると、日付や場所、注文した量などから アリバイが崩れる原因になります。

レシートだけでなく、美術館や遊園地の半券なども忘れやすく、みつかると危ないものです。
浮気相手とでかけたときは、財布、ポケット、鞄の中に、余計なものが残っていないか注意しましょう。


自宅編

浮気相手を自分の部屋に連れてくるのは、正直言ってかなり危険です。
もしあなたが結婚や同棲で、本命と一緒に住んでいるならば、絶対に避けましょう。

どんなに注意したつもりでも、現場には必ず痕跡が残ります。
本命との夕食中に、「犯人はこの中にいる」と問い詰められたら、敵はすでに十分な証拠をつかんでいると考えて間違いありません。

事件は現場で起きているのです。
すみません、言いたかっただけです(笑)


さて、そうはいっても、ホテル代を安く済ませるために、浮気相手を自宅に連れてきてしまう気持ちはよく分かります。
本命と結婚や同棲をしているのではなく、通常の交際であれば、浮気相手を自宅に連れてくることはよくあるはずです。
そこで、自宅に連れてきたときは、浮気相手が帰った後、少なくとも以下の部分だけはチェックしましょう。


ケース5 女物の忘れ物が見つかる

女物が部屋に残っていれば、一発で浮気がバレます。

忘れ物で一番多いのは、アクセサリー。
洗面所やベッドサイトに置いといて、そのまま忘れて帰ってしまうことがよくあります。
今までサンチェは何度見つけて、何度隠してきたか。

特に、ピアスは危険です。
ピアス本体を忘れることもありますが、それより、セックスの最中にとれて キャッチだけ失くすということがよくあります。
浮気相手がピアスをしているときは、すぐに外してカバンに入れさせましょう。
ヘアバンド、ヘアピン、化粧品なども、忘れてくれやがりますから要注意です。

ケース6 部屋に香水の匂いが残っている

部屋の中から、自分が使っていない香水の匂いがしたら、他の女が来たことが一発でバレてしまうことでしょう。
香水の匂いが残りやすいところは二か所あります。

一か所は、布団。
布団は自分が毎日使っているので、あなた自身は匂いが全く気にならないはずです。
しかし、本命は、その布団の匂いをしっかりと覚えています。

ある日突然、そのふとんに香水の匂いがまざっていたら、大変です。
確実に気付かれます。

「この匂い私の香水じゃないけど、あなた最近香水使った?」
こう切り出されたら、修羅場を覚悟する必要があります。


もう一か所は、浮気相手に貸したTシャツ。
セックスの後、元の服に着替えるのは面倒なので、女性に自分のTシャツを貸してあげることは、よくあるのはないでしょうか。

「ノーブラで、男物のTシャツとパンツだけの女性」
男のロマンですよね!!(力説)

しかし、貸してあげたTシャツには、香水の匂いが残ります。
浮気相手が帰った後は、ベッドの横に放り投げておいたりしないで、すぐに洗濯機に放り込みましょう。

ケース7 部屋から女性の髪の毛がみつかる


部屋から浮気がバレる証拠NO・1が、長い髪の毛が残っていた場合です。
女性を連れてくると、部屋の中には、必ず長い髪の毛が残ってしまいます。
本命の髪がロングなら、なんとか言い逃れることもできますが、本命がショートで浮気相手がロングなら言い逃れは不可能です。

ちなみに、逆なら(本命ロング 浮気相手ショート)なら、言い逃れることが可能です。
そのためにも、本命には髪を伸ばしてもらうことを勧めます。

話を戻しますが、髪の毛は絶対に残っているものと考え、徹底的に拾い集めましょう。
布団や、絨毯はコロコロ(粘着シートのあれです)を使います。
自分の部屋は掃除をしやすいように、床に接する部分が少ない家具を選んでおくと、このときに助かります。

コンセント周辺など、配線が絡まっているところ部分も、髪の毛を巻き込む可能性が高いところなので、念入りにチェックします。
浮気相手がお風呂場や、洗面所を使った場合は、排水溝の中にも残っていますので、必ずチェックしましょう。

サンチェは、女性が来た後は、シーツ、布団カバー、枕カバーなど、ベッド回りを全て交換します。


ケース8 トイレから生理用品がみつかる

あり得ないと思うかもしれませんが、セフレ関係が長いような女性は、平気でこれをやってくれます。

生理用品を、トイレの収納にこっそり置いて帰ってしまうんです。
トイレの棚の奥なんて、普段はあまり見る所ではないので、つい見逃してしまいがちです。
もはや悪意すら感じます。怖いですね。

サンチェは、昔付き合っていた女の生理用品が、別れて半年後に出てきたという経験があります。
トイレの棚などは定期的にチェックしておくべきですね。


ケース9 使用済みコンドームがみつかる

血痕のついたナイフと血まみれのTシャツは殺人事件の決め手ですが、使用済みのコンドームは浮気の決め手です。
使用済みのコンドームが出てくれば、そこで何が行われたのか、コナンに尋ねるまでもなく、容易に推理できます。

そんな重要な証拠ですから、ゴミ箱に入れただけで安心せず、必ずゴミの回収に出すまで気をつけましょう。
使用済みのコンドーム自体には注意が向いても、包装の袋は忘れ易いので、こちらも必ず捨てるようにして下さい。

特に、コンドームの包装の切れはしには要注意です。
当たり前ですが、中身を取り出した包装は、小さい切れ端と大きい切れ端に二つに分かれます。

大きいほうは目立つので、間違いなくコンドームと一緒に捨てるはずです。
しかし、案外忘れやすいのが小さい切れはし。

コンドームを取り出した時は、早く挿入したくてたまらないので、この小さい切れ端の行方を見失いがちです
コンドームの切れはし


その結果、布団の中や、ベッドの隅から見つかってしまうのです。
十分に気をつけましょう。

また、浮気を疑っている女性は、部屋にあるコンドームの残り個数をカウントしている場合があります。
浮気相手用のコンドームを用意しておくか、大量に買い込んで、次々に箱を開けてしまって何個あるんだか分からなくしてしまう戦略が有効です。

余談ですが、サンチェは実家に住んでいた頃、お風呂場に置き忘れた使用済みコンドームを、母親にみつけられたことがありました。
ごめんね。母ちゃん・・・

ケース10 口紅のついたタバコが見つかる

浮気相手がタバコを吸う時は要注意です。
バージニアスリムなど、いかにも女性が吸っている銘柄や、吸い口に口紅がついたタバコが、灰皿の中に残っています。

タバコの吸殻は必ず捨てましょう。
口紅がついたタバコが見つかったとき、唇が切れて血が出た、という言い訳はまず通用しません。
空になった煙草の箱も、ゴミ箱の中にあると目立ちますので注意します。

ケース11 飲み終わったグラスが怪しい

タバコ同様、口紅がついていることがあります。
使用済みのグラスはすぐに洗いましょう。
使用済みの食器が2セットずつシンクに残っているのも不自然です。


車編

電車や徒歩で移動をすると、本命の彼女(嫁)や、その友人、親戚など、イレギュラーな出会いを起こしてしまう不安が常に付きまといます。
その点、車で移動をすれば、その心配がほぼなくなるので、浮気をするときにはとても重宝します。
しかし、車は、自宅と同じように密閉した空間で、本命の彼女も使う場所です。
必ず痕跡が残りますので、十分に気をつけましょう


ケース12 車の助手席の位置が違う

いつも助手席に座っている本命の彼女からすると、シートの位置が普段と違っていれば、そこに誰か別の人が乗ったということに気が付きます。
助手席に乗った人間が友達だと言いきれるなら問題ないですが、今までの行動とアリバイしだいで疑われてしまいます。
車に浮気相手を乗せるなら、最後にシートの位置を元に戻すように確認しておきましょう。

これが面倒な場合は、常にシートの位置を限界まで下げておきましょう。
普通の人は、シートを一番下がっていれば十分にスペースがありますので、わざわざ前に出すことはしません。

たとえ、前に出されたとしても、元に戻すためには、また限界まで下げるだけなので、簡単です。


ケース13 灰皿から口紅のついたタバコが見つかる

煙草の吸殻に注意するのは、部屋も車もおあな痔です。
ただし、自宅よりも車の方が、女性が吸ったタバコが見つかる可能性が高いと考えて下さい。

なぜなら、車は助手席からすぐ目につくところに灰皿があるから。
そして、助手席で暇になると、車の中を観察するから。

車の中の灰皿は、つい捨てるのを忘れがちです。
早々にガソリンスタンドに立ち寄って、灰皿の中身を捨ててしまいましょう。

浮気がバレる状況「その他」
最後に、こんなケースでも浮気がばれるということを覚えておきましょう。


ケース14 アリバイが崩れる

ちょっと古いですが、刑事コロンボはご存じでしょうか?
実際に見たことがなくても、その名前を聞いたことぐらいありますよね。

コロンボが、事件に関わりがあると疑われる人物に聞き込みをするとき、面白いテクニックを使います。
自分が疑われていることが分かっている人物は、自分に聞き込みにきた刑事には絶対にボロを出さないように集中して対応します。
そこでコロンボは、疑わしい人物から聞き込みをするとき、わざと当たり障りのない話に終始します。

当たり障りのない話ですから、たいした証言を得ることはできません。

しかし、さて帰ろうかと玄関を出ようとした瞬間、何かを思いだしたかのようにさっと振り返り、「あ、そうそう、○○の件ですがね・・」と突然に話の核心をつきます。

人は気を抜いた瞬間にボロを出す。
コロンボはそれを狙っているのです。


浮気を疑っている本命も、意識的か無意識かこれをやってきます。

「徹夜で残業した」とウソをついた日には、「お疲れ様」としか言わなかったのに、2週間ぐらいたってから、「そういえば、こないだ徹夜して帰ってきたときさ・・・」と切り出してきます。

ここで気を抜いていると、全く見当はずれのことを言ってしまい、ボロを出すことになります。
これに対応するためには、浮気をした日は、手帳のスケジュールとともに、自分の記憶も完全に書き換えなくてはいけません。

嘘をつくポイントは、できるだけ嘘をつかず、話のスジを変えないことです。

例えば、本当は、仕事帰りに女の子と二人で新宿飲み屋に行き、その後ラブホに行ったとします。
そんなとき、嘘が下手な人は「今日は残業で遅くなった」という嘘をついてしまいがちです。

これは、後日になって、飲み屋のレシートが出てきたり、香水の匂いしたりするだけで、アリバイが大元から崩れてしまいます。

嘘をつくときは、これではいけません。
こういったケースでは、一切嘘をつかず、肝心なところだけ「言わない」という対応が有効です。

「仕事が終わったら、今日は友新宿で飲んでくる」

ポイントは、「誰と」の部分を「言わない」ことです。
これなら、一切嘘をついていませんので、後々になって破たんをする確率は小さくなります。

しつこく誰と聞かれても、「友達」、「女友達」という答えであれば、嘘ではありません。
本当に、「セックス友達」なのですから。

サンチェのこと悪い奴だと思いました?
これも、その女性を悲しませないための努力です。

ケース15 浮気相手の突発的な行動


浮気相手が、その関係に嫌気をさして、強硬手段に・・・・
自分の意志でこういった行動に出られたら、これは止められません。

そんなことにならないように、しっかり相手を見極め、つねに距離感を考えておきしょう。
ただし、こんなケースは稀です。

心配するべきことは、浮気相手の女性が無意識のうちにとんでもないことをやらかす場合です。
例えば、浮気相手が酔っている場合。
酔っている女性は、何をしでかすか分かりません。
サンチェの経験では、知らないうちに自宅のお酒のボトルにミッキーのシールを貼られていたり、コップの裏に落書きをされていたりしたことがありました。

本命彼女といるときに、突然電話をかけてくる場合もかなりビビります。
前にも言いましたが、浮気相手からのメールや電話はサイレント設定にして、絶対にでないようにしましょう
静かな場所で電話をすると、すぐそばにいる人にまで電話の内容がまる聞こえになってしまいます。

かなり対策が難しいケースですが、普段から注意をしておけば、これも回避することができます。