女性にモテるクールビズの選び方

| [ルックス・ファッション] | 22,979 views

ビジネスマンイメージ

すっかり夏のビジネススタイルとして定着した感のあるクールビズ。
スーツならば、サイズさえあっていれば、よほど変なことをしていない限り、そこそこにまともに見えますが、クールビズではそうもいきません。

クールビズで、ただ涼しいだけを求めると、たんにネクタイを外しただけで、酔っ払いのおっさんみたいな格好になってしまいます。
女性にモテたいのであれば、ただ涼しければいいというのではなく、そこにカッコよさを追及するべきです。
そこが面倒だなと思うかもしれませんが、男性のビジネススタイルに憧れる女性は少なくありません。
気合いを入れて用意する価値は十分にあります。

ここでクールビズの注意点をいくつかお伝えしますので、参考にしてください。

シャツ

涼しく見えるためにも、濃い色は避けるのが無難です。
私のオススメは、真っ白のワイシャツ。
ただし、高校生の制服のような、中が透けるただ白いだけのシャツはNGです。
織りに工夫があって光の反射で上質に見える素材だったり、台襟が高くてトップのボタンが二つついていたり、ボタンのステッチに色を使っていたりと、真っ白のシャツでもちょっとした遊びがあるだけでお洒落な印象に変わります。
そして、できれば半袖ではなく、長袖を選びましょう。
理由は、長袖の方がカッコよく、女性受けがいいからです。

スーツの本場であるヨーロッパの男性は、半袖はエレガントではないと考えていて、どんなに暑い日でも半袖のシャツを着ることはありません。暑かったら腕まくりをします。
ヨーロッパで長袖を着ている男性は、「アメリカ人かよ」とバカにされるともいいます。

とはいえ、ここは高温多湿の日本ですから、あまりに暑くて汗だくになっては本末転倒です。
どうしても長袖で暑い職場なら、お洒落な半袖シャツを選ぶといいでしょう。

パンツ(スラックス)

どうせジャケットを着ないのであれば、スーツではなく、スラックスだけ単品で買ってきてもいいと思います。
パンツは、とにかくサイズが命です。
特に丈の長さはジャストに合わせましょう。丈が短いと幼く見えますし、長すぎるとだらしない印象を与えます。足の甲にふわりと乗るぐらいがベストの長さです。 9

丈の長さは自分で申告すると見栄が入りますので、必ず店員さんと相談し鏡をよくみて決めるべきです。
よほど太っているのでなければ、タックがないものを選ぶとお尻周りがすっきり見えます。
財布や携帯、タバコをパンツのポケットに入れると、膨らみすぎてカッコ悪く見えます。
夏服はポケットの数が少ないので、入れる場所に気を使うことになりますが、できる限りカバンなどに入れるようにして、パンツにはハンカチだけを入れるのがスマートです。


インナーシャツ

汗をかくことを考えて、吸水性が良いものを選びます。
襟周りはVネックか広めのUネックならシャツの懐から見えません。
当たり前ですが、柄があるものはシャツから透けて見えるのでNGです。
普段は見えないからと言って、古いダルダルのシャツを着るのもやめましょう。
恋愛は準備が大切です。いつ女性とホテルに行く機会があるかわかりません。
高いインナーを買う必要はないので、安いものを多めに用意しておきましょう。

下着(パンツ


男性は女性の下着姿に興奮しますが、男性ほどじゃないにしろ、女性も男性の下着にはドキッとするそうです。
インナーシャツと同じく、いつ女性に見せる機会があるかわからないので、常に新しくてカッコイイパンツを用意しておきましょう。
1枚千円ぐらいのパンツで十分です。
私が聞いた女性からの意見を総合すると、どうやら股上の浅いボクサータイプが人気のようです。

靴下

薄手で透けるタイプの靴下はおっさん臭いのでNGです。明るい色もダメ。白い靴下なんて論外です。
黒かグレーで透けないタイプが無難です。
汗で蒸れる時期ですから、座敷での飲み会など靴を脱ぐ機会があるとわかっていたら、替えの靴下をバッグに入れておくといいでしょう。

shoes
靴はどんなファションでも気をつけなくてはいけないところですが、シャツとジャケットがないクールビズでは、ますます存在感があり重要です。
まず大事なのはピカピカに磨くこと。砂埃で白くなっていたり傷が目立っていると貧相な印象を与えます。
次に、何足も用意すること。夏場は汗をかきますから、毎日同じ靴を履いていたらあっという間にダメになってしまいます。革靴は一日はいたら3日ぐらい休ませてあげます。
それから、ビジネス用の靴は黒けりゃなんでもいいと思っている方が多いようですが、大間違いです。
クラシックなストレートチップや、遊び心のあるウィングチップ、モンクストラップなど革靴にも多様な種類があります。
色も黒だけでなく、茶色の靴があるとお洒落感が一層増します。
靴は高いので、一気に全て揃えるというわけにはいきませんが、お洒落でスマートな男性を目指すなら、ぜひ革靴にはこだわって下さい。

ベルト

ベルトはパンツが落ちないための道具であり、デザインなんて全く気にしていないという考え方は間違っています。
ベルトは体の中心にあるため、意外と目立ちます。
一番注意してほしいのは、靴とベルトの色を揃えることです。
靴が茶色なのに、ベルトが黒だと、全身が台無しになります。
電車に乗っていると、そんなサラリーマンが沢山みつかりますが、あなたはそんな凡ミスをしないでください。
もっとお洒落に気を使うようになったら、カバンの持ち手や財布の色なども考えてベルトを選ぶといいと思います。