モテるためにラインの返信で気をつける4つのルール

| [LINE(ライン)] | 386,151 views

ラインの返信ルール

一昔前は、女性と連絡をとる手段はメールでしたが、今ではラインを使うことが主流となりました。

恋愛での使い方は基本的にはメールと変わりませんが、ラインにはラインならではのルールがあります。
今回はそのあたりを解説します。

1.既読無視への対応

LINEの既読無視

ご存知の通り、ラインには既読機能があります。
これのおかげで、どれだけ多くの男女が返事が来ないことにいらだちを覚え、やきもきした気持ちで夜を過ごしているのでしょうか。
なんとも、しゃらくさい時代になったものですね。
とはいえ、あるんだから仕方がありません。

女性にメッセージを送ったけど、既読がでてるのに返信がない。つまり、既読無視をされたときはどう対応すればいいでしょうか。

短時間の既読無視は気にしない


誰だって、メッセージを読んだら即座に返せる環境にいるとは限りません。
寝ているかもしれないし、仕事中に携帯をチラ見しただけかもしれません。

そんなの当たり前なのですが、相手の女性を好きになりすぎると、その当たり前が分からなくなってうろたえてしまいます。
だから、既読がついてからちょっとぐらい返事が返ってこなくても、そのうち返ってくると信じて、どっしり構えるべきです
間違っても、既読無視されたのを見て、すぐに追撃するのは絶対にやめましょう。
それをやった瞬間に、気持ち悪い人に格下げされます。

既読がついてから数日たったら?

とはいえ、数日待っても全く返事が返ってこないという場合は問題です
その場合は、自分が送ったメッセージをもう一度読み直しましょう。

もしそのメッセージが、「明日の飲み会って何時だっけ?」とか「昨日はお疲れ様など」といったごく普通の内容で、それを度々無視されるのなら、さすがにそれは嫌われているレベルです。
その状態になったら、ラインのメッセージで関係改善を図ろうとしても上手くいきません。
その女性と実際に会ったときに、なんとかして関係を改善しましょう。
それすらも叶わないというのであれば、あとは時間が解決してくれるのを願うだけです。
だから、そうなる前に「嫌われない」ことがなによりも大切です。

きわどいメッセージを既読無視されるときは?

では、なんでもないメッセージの返信は来るけれど、デートや食事に誘うといった、きわどいメッセージだけ既読無視されるときはどうすればいいでしょうか。

女性をデートに誘うときは、一度断られたぐらいで諦めずに、三回ぐらいは平然と誘うのが常套手段です。
しかし、既読無視をされるとなると、話は別です。
こうしたケースで女性は、「ごめん返すの忘れてた」とか、「忙しくて返事返せなかった」なんてフォローをしてきますが、そんあ女性の言い訳を真に受けてはいけません。
普通の感覚なら、デートの誘いなんていう大事なメッセージを忘れるわけがないし、まして忙しくて返事ができないなんてことあり得ません

この場合の既読無視は、二つの可能性が考えられます。
ひとつは、あなたは恋愛対象ではない」というサインです。
「恋愛対象に選ばれるには総合力が必要」で書きましたが、女性は、恋愛対象の男性ならば、その後本当に恋愛に発展するかはさておき、とりあえず食事の誘いぐらいは応じます。
それを無視されるのは、予選で足切りされているのです。

もうひとつは、恋愛のタイミングが合わないという場合です。
恋愛はタイミングがとても重要です。彼女にとってあなたが恋愛対象であっても、彼女は何かしらの心境で、恋愛を発展することに消極的かもしれません。
いずれのケースにしても、きわどいメールを送るのは控え、しばらくは返信が期待できる普通のメッセージでやりとりしましょう。
そうして間合いを測り、次のチャンスを待つのです。


2.ラインの返信のタイミング

ラインの返信
ラインでメッセージをやりとりするとき、大きく分けて二つの使い方があります。
一つは、通常のEメールのように、要件を伝えるためにメッセージを送る使い方。
ここではこれをメール機能と呼びます。
もう一つは、チャットのように何往復もメッセージをやりとりする使い方。
これをチャット機能と呼びます。

特に若い女性は、このメール機能とチャット機能を明確に使い分けていて、それぞれ返信の仕方を理解しなければいけません。

2-1 ラインをメール機能として使う


デートに誘ったり、待ち合わせの時間を伝えたりするときの使い方がメール機能です。
メッセージを受信してすぐに気づいた場合は、その場で即座に返すのが基本です。

すぐに返信すると、ガツガツしていると思われるのが嫌で、返信をわざと遅らせるたくなりますが、その必要はありません。
女性は、(自分もやるくせに)相手の反応が悪いと、自分に興味がないのかなと思って心が離れてしまいます。

もし夜中や仕事中に届いて、受信してから時間がたっているときは、必ずしもすぐに返信する必要はありません。
朝7時にでも夜中の1時でも、いつでも即座に既読になり、返信が返ってくるのは、少々薄気味悪く感じます。
返信しなくちゃというプレッシャーも与えてしまいます。

このような場合には、相手の生活スタイルを考え、受け取りやすい時間に送信しましょう
例えば、昼間OLとして働く女性から深夜にメッセージが届いた場合は、翌日、昼の12時ぐらいに送ればちょうどお昼休みで携帯を手にしているはずです。
相手がいつも送ってくる時間帯を覚えておき、その時間に返信するのもいい方法です。
受け取りやすい時間にメッセージが届くことで相手も対応がしやすいし、この人とはなんかリズムが合うなと感じてくれます。

なお、彼氏がいる女性を狙っているのであれば、相手が1人でいる時間を狙って送るべきです。
もし彼氏と一緒にいるときにメッセージを送れば、彼氏が携帯を盗み見てしまうかもしれないし、ロック画面に表示されたプレビューを読まれるかもしれません。
いつ彼氏といるか分からないのであれば(普通はそうですが)彼氏に見られてもいい内容を送りましょう。
セックスフレンドに、「こないだは凄い良かったよ。またしようね」なんてメッセージを送ると、相手の負担になるし、いらぬトラブルを引きよせてしまうかもしれません。

2-2.ラインを会話のように使う

LINEはメールよりもレスポンスが早いので、会話をするようにメッセージのやりとりが何往復もすることがあります。

こんなときのラインのルールは、
返事はすぐにする。返せないときは一言断る。
長文ではなく短文で返す。
会話を終わるときは、「じゃ、寝るね」とか、「またね」と、会話を終わらせることを宣言する。

です。

若い女性ほど、これを強く意識しなければいけません。
ある女性が、「ラインで会話していたら、いきなり返事が途絶えてムカついた」と言っていました。
メールだったら、それが普通だったのかもしれませんが、ラインはルールが異なるのです。

3.言葉や文章を相手に合わせる

ラインの本文を書くときは、文章の長さ、使うスタンプ、顔文字のニュアンス、言葉遣いといったことを、相手と同じ文字を使うようにしましょう。

同じ言葉を使うのは仲間の証拠です。
同じ言葉を同じ意味で使うことによって、気が合うことをアピールできます。
「この人とはなんか合うな」の正体は、案外こうしたところから生まれます。

ただし、必要以上に顔文字を乱用したり、女性趣味のスタンプを使うのは避けます。
あなたもそうだと思いますが、ラインやメール読むときは、相手の表情と声を脳内で再生しながら読みます。
このとき、普段のあなたのキャラとかけ離れた文面だと、相手は違和感を覚えてしまいます。
それが過ぎれば、「なんかこの人キモい」と思われてしまうかもしれません。

4.媚びすぎない


女性に媚びる

これはラインに限らないことですが、好きな女性に対して必要以上に下手にでる男性がいます。
嫌われたくない、彼女に優しくしたい。彼女の好きな男性を演じたい。
その気持ちが強すぎて、つい媚びてしまうのです。

女性は自分を特別扱いしてくれる男性を求めてはいますが、それはあくまで王子様のような男性が自分にかしずく場合です。
まるで発情した犬がハァハァいいながら尻尾を振っているように、自分に媚びへつらう男性には一切興味を持ちません。

この人やたらへこへこしているな。きっとモテないんだろうな。私とセックスしたいんだろうな。私以外の女性には相手にされないのかな。これでは誰も相手にしなかった男を私が拾ってあげるみたいじゃないか。
そんなの私のプライドが許さない。

女性は、そう考えてしまいます。
ラインのメッセージでも、必要以上に下手に出てはいけません。

来週飲みに行きませんか。ダメなら再来週はどうですか?いつがいいですか?僕はいつでもいいですよ。え?OK?やったぁ(ハート)。嬉しいな。何が好きですか。焼肉?お寿司?なんでもいいですよ。待ち合わせはどこにしようか。君の家から近いところがいいよね。

こういう文章からは、媚びへつらっていることが行間からにじみ出ています。
媚びていることが伝わってしまえば、その女性とは上手くいきません。
大抵の女性は、弱くて情けない男に興味がないからです。