モテる男の会話テクニック「女性が喜ぶホメる言葉」

| [会話術] | 174,510 views

a0001_017604

あなたは他人に興味がありますか?
自分よりも他人の方が大切な存在だと思いますか?

そんなわけないですよね。

だれだって、他人にほとんど興味がないし、ましてや、他人を認めようとはしません。
夜中まで残業して、家に帰ってからパソコンに向かって必死に仕上げたレポートを上司に提出しても、「お、ごくろう」の一言で終わり。

カッコよくなりたいと持って、美容院で髪を切り、ちょっとお洒落なカバンを持っていても、誰も気づいてくれない。
学生時代の部活が、いかに地獄のような練習をしたのか一生懸命説明しても、相手はつまらなそうに「へえ」と答えるだけ。

こんな経験はだれしもあるかと思います。

誰もが、心の中で
俺を見てくれ!
俺を認めてくれ~!!
うお~!!!


と叫んでいます。

中国の故事にこうあります。

「士は己を知る者の為に死し、女は己を説ぶ者のために容つくる」

意味するところはこうです。

「立派な男子であれば、自分の真価をよく知ってくれて、認めてくれた人のためなら死んでもよいと思うものだ。女性は、自分がそばにいると喜んでくれるような人がいれば、その人のためにお化粧をするものだ」
【引用 故事百選 http://www.iec.co.jp/kojijyukugo/vo76.htm】


平たく言えば、
「俺を認めてくれれば死ぬ気で働くぜ。私を求める人がいたら綺麗でいるわ」
です。

鋼鉄王として有名なカーネギーの緒著の中でも、ハーバード大学のウィリアム・ジェームズ教授の言葉としてこのように紹介されています。

「人間性の最も深いところにある動機は、認められたいという強い願望である」

古今東西、人は誰でも、自分という存在を認められたくて仕方がないのです。
だったら認めてあげようじゃないですか。

人が欲しがるものを与えることが、人から好かれるコツです。

認めることを欲しがっているのであれば、認めてあげればいいのです。

認めるって何をすればいいのかって?

それはホメることです
ホメることで、その人を肯定するのです。

多くの恋愛マニュアルや自己啓発本には人をホメろと書いてあるのも、それがが人から好かれるために非常に大きな力を持っているからです。

豚もおだてりゃ木に登ると言いますが、人からホメられて悪い気がする人なんていません。
世の中は、ホメられてのびる子ばかりです。

見え透いたお世辞やホメ言葉でも問題ありません。
人は、どんな言葉でもホメられたら嬉しいのです。(→見え透いたホメ言葉やゴマすりでも人は喜ぶ実験

女性をみたら、ホメまくりましょう。
女性からモテるためには必須の技術です。


1.顔をホメる

a0002_009250
女性にとって、自分が可愛いかどうかは、切実な問題です。
男性はルックスが悪くても他でカバーできる要素が沢山ありますが、女性の場合は顔が可愛いかどうかで、実際に人生を左右することもあります。


だから、子供のころから毎日鏡に映る自分を穴があくほど眺めて、可愛くなりたい、可愛いと言われたいと願い続けているのです。
よく美人に対して美人だねとホメても、言われ慣れているから何とも感じないなんてことを聞きますが、あれ嘘ですよ。

どんなに美人の女性でも、自分のルックスだけは冷静に判断ができません。
毎日鏡に映る自分を見続けていると、見慣れてしまって、自分では判断ができなくなってしまうのです。

だから、ルックスを褒められることは、素直に喜びます。

あ、やっぱり私可愛いんだ。
男性から好かれるタイプなんだ。
まだまだ若いままなんだ。


他人から言われて初めて、自信を持つことができます。

女性はルックスを褒めてなんぼです。
ホメまくりましょう。


コンプレックスには触れない

ただし、注意点があります。
女性がコンプレックスになっていそうな部分は、自分からは触れないのが賢明です。

例えば、唇が厚い女性。
見方によっては、情熱的で、エロい雰囲気な顔立ちです。実際、唇が厚い女性を好きな男性も多いかと思います。
私も好きです。フェラチオ気持ちよさそうだし。

しかし、彼女は小学生時代にからかわれて以来、唇が嫌いで嫌いで仕方がないかもしれません。
他にも、おでこが広い、耳が大きい、ぽっちゃり系といった言葉もコンプレックスを持っている可能性があるので、触れないほうが無難です。
触らぬ神に祟りなしです。

ただし、相手が自分から言ってきた場合は別です。
そこはスルーせずに、フォローしまくりましょう。

先ほども言いましたが、自分の容姿というのは自分では分かりにくいものです。
自分が嫌いだと思っていたことも、他人からホメられて好きになることも少なくありません。

先ほどの例なら、こんな感じです。

「私、唇厚いのが自分でも嫌いなんだよねえ」
「何言ってんだよ。わかってないなあ。男は○○ちゃんみたいな唇が好きなんだって。超可愛いじゃん」

こんなこと言われたら、「え、そうなんだ。男の人に好かれる顔なんだ私」と自信を持つこと請け合いです。

そして、自信を持たせてくれたあなたに感謝し、ひいては好意につながります。


コンプレックスをホメる・上級編


上で解説したそばから矛盾していますが、言われてもいないコンプレックスに触れても大丈夫なケースがあります。
それは、M気質たっぷりで、いじられキャラの女性と話しているときです。

いじられ好きの女性には、「オデコひろっ!!サルみたいだな」などと散々いじり倒したあと、「でも安室奈美江みたいで可愛いよね」とフォローすることでインパクトを残すことができます。
「落として上げる」です。

ただし、あくまでも上級テクニックです。
切り出すタイミングや、どこまで踏み込めるか重要ですし、なにより相手への優しさがなければいじり芸は失敗に終わります。

その感覚が分からない方は、やはりコンプレックス周辺は触れないほうが無難かと思います。


2.女性の髪型をホメる

kami


女性は、髪を切ったり、結んだり、色を変えたりするだけで、見た目だけでなく性格の印象までかわってしまいます。

自分の髪型イケてるかな?
可愛いかな?
変じゃないかな?
切ろうかな。
それとも伸ばそうかな。

女性は髪型が気になって気になって仕方がないんですね。

とくに、髪型を変えたときは、美容師さんや女性の友達も可愛いと言ってくれるけれど、肝心の男受けはどうなのかはわからず不安になっています。
だからこそ、女性が髪を切った時は、すぐに触れて上げましょう。

「あれ、髪型変わった?」
「髪切った?」
「雰囲気変わったね。可愛いじゃん」


こういった一言が反射的に出るかどうかが、モテるかどうかの差になってきます。


気づいたら反射的にホメる

女性を褒めるときは、脊髄反射で反応することが大切です。
髪をホメるときは、似合っているかどうかなんて真面目に考える必要はありませんし、ひねったり笑いを取ったりする必要もありません。

キャッチャーが、「ナイスピー!」と声を出してピッチャーの気分を盛り上げたり、写真家が、「はい笑って。オッケー。いいよー」と褒めちぎりながらグラビア写真を撮影するのと似ています。

あれこれ考えずに、「髪切った?可愛いじゃん」と褒めるスピードが何よりも大切です。

タモリは侮れない


「髪切った?」というセリフは、タモリが「笑っていいとも」でゲストと会話するとき、の導入に言うことで有名ですね。
この一言で、「私はいつもあなたを見ていますよ」というメッセージを与えることができるとともに、相手の話題から入ることでゲストのテンションを上げて、会話が盛り上がるように仕向ける効果があります。

さすがタモリ、侮れないですね。
会話のとっかかりとして、ぜひ真似したいテクニックです。


3.女性のスタイルを褒める

m020278
家で一人のとき、お風呂で二の腕をつまんでため息をつき、ジーンズがすこし緩くなるとニヤニヤしているのが女性です。
足や腕を露出する機会の多い女性にとって、スタイルは顔と同じく気になるのです。

ただし、女性のスタイルを褒めるときは、表情や言い方に気をつけなければいけません。
ニヤニヤしながら近づいて「スタイルいいよね」などと言えば、陰で気持ち悪い人扱いされるのは免れません。

スタイルをホメるときは、さらっと言いましょう。
どもったり、ニヤニヤしたり、ヘラヘラしたりしてはいけません。


男友達に、「お前の車カッコイイよな」と言うのと同じテンションで、「スタイルいいよね」とか、「ほっそいよなあ」と言ってあげるのです。
何度も言いますが、ヘラヘラ、ニヤニヤしながらホメてはいけません

こういった話し方を「ポーカーフェイス会話術」と私は呼んでいます。

これを使うと、キワドイ内容でも、変に勘ぐられたり下心を見透かされずに素直に受け止めて、心に入り込むことができます。
下ネタやコイバナをするときにも便利ですので、覚えておきましょう。

ベッドの中ではガッツリホメる

日常では上のようにさらっとホメるべきですが、すでにベッドの中にいるのであれば、下心全開なわけですから思った事をガンガン使ってホメてOKです。

「体つきエロいよねえ」
「おっぱい超奇麗だねえ」
「脚細いなあ」
「肌白くてすべすべだ」
「うなじが可愛いね」

ベッドの中でホメるのは、髪型のときと同じように、気分を盛り上げる効果もあります。
ホメまくることで女性は自信がつき、Hも大胆になって盛り上がります。

スタイルを褒めてくれる男性は、ほとんどいません。
日常にしろ、ベッドの中にしろ、ちょっとホメてみて、女性がまんざらでもない様子ならば立て続けにホメちぎりましょう。

スタイルをホメるときの注意点


男性が好む女性のスタイルと、女性が目指すスタイルは微妙にズレています。

男性は、ちょっとぽっちゃりでも、ウエストがくびれてる女性が大好きです。
ウエストがくびれていて、お腹に肉が付いていないことは、その女性が妊娠していないことを表しますので、本能的に興奮するようにできているからです。

しかし、女性は脚も腕も細く、お尻の小さいモデルのような体型に憧れています。
このギャップを知らないと、見当外れなホメかたをして、かえって機嫌をそこねることがあるので気をつけましょう。




女性に好かれる会話術は、サンチェの無料レポート「モテる会話術」に詳しく書いてあります。

→無料ダウンロード