女心をかき乱してモテる方法

| [会話術] | 9,889 views

女心をかき乱してモテる方法


サンチェが、友人と飲みに行ったときの話です。
男友達だけの飲み会だと思っていたのですが、知らない女性も数名混ざっていたので合コンといってもいいかもしれません。

サンチェが楽しくお酒を飲んでいたところ、ふと、友人の剛君(仮名)に目がとまりました。
剛君は、正面の玲子ちゃん(仮名)と、二人だけで話しこんでいます。

なんとか玲子ちゃんに気に入られて、次回は二人だけで飲みに行きたいという下心が、はた目からもまるわかりでした。
これは面白そうだと、サンチェは黙って見ていると、剛君は、玲子ちゃんに完全にペースを握られてしまっているようです。

玲子ちゃんに「え~、すごいですね」とか、「そういう優しい人好きですよ」なんて言われると、剛君はデレデレになって「まじで?」とか言いながら、有頂天になってしまいました。

サンチェからすると、剛君は明らかに不利な状況です。
剛君の反応があまりに面白いのと、自分が酔っているのもあって、玲子ちゃんはさらに調子に乗ってたたみかけてました。

剛君ってかっこいいですよね。
愛してますよ
じゃあ、付き合いましょうか
結婚します?

これはお酒の席の冗談ですから、剛君は、こんな感じで返すべきだったんです

玲子ちゃんだって可愛いよ、服がね。
俺も愛してるよ
付き合いたいけど、玲子ちゃん5番目の彼女でいい?
結婚式場なら、さっき予約しといたよ

しかし、剛君は、こういったやりとりに慣れていないので、玲子ちゃんの言うことをいちいち真に受けてしまっていました。

まるで、お釈迦様の手のひらでぐるぐる回る孫悟空。

そうとも知らずに、剛君は、これはかなりの好感触だと思いこんで、飲み会の後日、玲子ちゃんにデートのお誘いをしたそうですが、案の定、全く相手にされませんでした。

本来ならば、玲子ちゃんのような行動は、自分が先に仕掛けて、相手のペースを崩さなければいけないのです。

カワイイよね
好きだよ
愛してると
結婚しようよ

などなど。

無論、お酒の席の軽い冗談です。

しかし、冗談と分かっていながらも、こんなことを言われると、ついドキドキし、その夜ベッドの中で、「あれはなんだったのだろう」と思い返してしまいます。

そうやって、だんだんと自分を意識せざるをえないように仕向けることができます。

万が一、相手が本気になってしまっても、玲子ちゃんがやったように、「お酒の席だから」で済ませればいいだけです。

サンチェは、酔っていない日常の中でも、相手がドキッとするような言葉を平気で投げかけて、自分のペースに巻き込んでしまいます。
そうやって、女の子の心を乱しに乱し、あとでゆっくりと落とすのです。

これはサンチェだけでなく、恋愛上手の人は必ず使っているテクニックです。

あなたの周りにも、朝っぱらから、「○○ちゃんおはよー、今日もカワイイね」なんて平気な顔して言い放つ、女癖の悪い男がいませんか?

それは、まさに今回の内容と同じようなことをしているのです。