雨の日のデートの仕方

| [デート中の行動] | 15,937 views

a1400_000270

雨のデートは歩かせない

女性は、靴にとても気を使います。
雨の日にお気に入りの靴で外を歩くのは、とてもいやなんですよね。
ましてサンダルやミュールをはいているときに雨が降ってきて、雨が素足に当たる不快感は、男性にはわかりくいことです。
車があるのであれば、できるだけ車で移動する。
車を使わないのであれば、電車を乗りついで、あまり外を歩かなくてすむデートコースを選ぶことが大切です。

車に入るまで傘をさしてあげる

車でデートするときならば、雨の日は、助手席のドアを開けてあげて、女性が乗り込むまで傘をさしてあげましょう。
女性はバックと傘を持っているので、両手がふさがっています。
自分だけさっさと運転席に乗り込んで、女性がびしょ濡れになって乗り込んでくるのを待つなんて最悪です。

「車のドアを開けてあげるなんて、ワザとらしくて俺はできない」なんて変な勘違いをしている男性がいますが、そんなんでは絶対にモテませんよ。

相合傘は自分が濡れる

相合傘をするなら、女性を濡らさないように、90:10ぐらいの割合でさしてあげましょう。
当然、自分が10です。
「自分は濡れてでも女性を濡らさない」気持ちが大事です。
レディファーストの極意ですが、もちろん何も言わず、さりげなくですよ。
気づいてくれたとき、かなりパンチの利いた感動を与えます。

ハンカチは絶対持っていく

普通のデートでもハンカチを持っていくのは当たり前なのですが、雨の日は特に忘れてはいけません。
女性のハンドバックや服が濡れたときに拭いてあげるとスマートです

滑りそうな場所をさける

危険回避はエスコートの基本ですね。
駅の構内や、デパートなどは、ちょっと濡れただけで、つるつるに滑ってしまいます。
そんなところはできるだけ避けるように歩き、どうしても歩くなら、転びそうになったとき、すぐに支えられる位置を歩きましょう。

服装を指定してあげる

雨だろうが、雪だろうが、雷だろうが、お洒落を最優先するのが女性です。
時季外れの話ですが、大雪の中でも、ミニスカートとブーツの女性が多いことには本当に驚かされます。
デートとなれば、こんな大雨の日でも、精一杯のお洒落をしてくるでしょう。
もし、その女性との関係がある程度進んでいるのならば、出かける前に、「雨ひどいから、ジーンズとスニーカーとかがいいんじゃない(^^v)」といったメールをしてあげれば、女性も楽な服装でデートに来る罪悪感を
取り除けますし、リラックスして楽しむことができます。
ただし、お互いにまだ分かっていない状態なら、「大きなお世話」と思われるかもしれませんので、注意して下さいね。

ショッピングセンターは悪くないが・・・

雨の日だから、郊外にあるショッピングセンターでお買いものをして、映画を見て、食事して帰る。
間違ってはいないと思います。
安易なデートコースですが、女性としても楽だし、車で行けるなら、これほど便利な場所もないと思います。
問題なのは、みんな同じことを考えているため、やたらと混むこと。
雨が降っている土日祝日は、カップルだけでなく、行き場に困った家族も押し寄せてきますので、相当な混雑になる場所も少なくありません。
車で行けば、その立地によっては、かなりの渋滞にまきこまれるでしょう。
そのあたりも考えてプランを考えて下さい。


他にも色々あると思いますが、とりあえずこのぐらいは実行しましょう。
なにより大切なのは、気遣いです。
雨の日でも、あなたの気遣いひとつで、女性は気持ちよくデートすることができます。


追伸
今回の記事もそうなのですが、私の恋愛テクニックの特徴の一つは、「女性を大事にする」ことです。
この点が気にいっ読んで頂いている方も多いようでとても嬉しく思っています。

しかし、たまに読者様から、モテるためには女性に下手にでるよりも高圧的に引っ張ったほうがいいのではないかという質問を頂く事があります。
いわゆる、オラオラ系男子ってやつですね。
私も、そういうタイプのモテる男性がいることは知っています。
しかし、そういうのって自分のキャラに合わないんですよね。

「いい人で終わる男~恋愛対象に選ばれない理由とモテるキャラ作り」でも書きましたが、自分に合わないことをやっても、結局上手くいきません。
あなたも、自分が優しいタイプの男性だと思うのであれば、無理にSキャラを演じたりしないで、自分が思う通りに女性に
優しくしてあげるべきだと思います。
オラオラ系もモテますが、それと同じか、それ以上に優しい男性はモテますよ。