女性をセックスに誘う二つの口説き方

| [口説く・告白] | 44,723 views

ホテルに誘う

好きな女性と二人で飲みにきた。
会話も弾んでいるし、雰囲気も悪くない。
このままホテルか自宅に誘えば、セックスできるかも。
しかし、どうやって言えばいいのかわからない。

こんなときは、どうやって口説けばいいのか。
二つの方法を紹介します。

1.決断を迫らない

一つ目は、最後の最後まで女性に決断を迫らない方法です。.

食事を済ませたら、次はカラオケや二件目のお店にいき、下ネタやボディタッチで距離を縮めていきます。
そして、「うちに寄ってコーヒーでも飲んでいかない」、「疲れちゃったしホテルで休んでいこうよ」「ホテルでカラオケしよう」などと、ベッドのあるスペースに誘います。
もちろん、「ホテルでカラオケしよう」なんてセリフが嘘なのは女性も百も承知です。
ホテルに入って何もしないなんてことはあり得ません。
自宅に連れていくのも同じです。

理由で言い訳を作ってあげる

しかし、建前であっても、何かしらの理由があることが大事なのです。
ホテルに行く理由、自宅に寄る理由。
それがあれば、女性は自分自身に嘘をつくことができます。

お茶するだけなんだから、部屋に行くのは問題ないよね。
疲れちゃったなら、寝るだけなんだし別にいいよね。

そうやって自分に言い訳をすれば、行った先で何かあったとしても、「相手に嘘をつかれた」、「自分はそんなつもりじゃなかったのに流れでエッチしてしまった」と自分に言い聞かせて、罪悪感から逃れることができます。
自分が悪くなければ、人は大胆な行動をとれるのです。

この方法が有効なのは、相手に彼氏がいたり、一晩だけの関係に抵抗感がある、堅い女性の場合です。

ただし、10人に1人ぐらいは、「ホテルでカラオケしようよ」と誘ってホテルに行ったら、「何もしないって言ったじゃない」と抵抗する女性がいます。
そこでもう一度口説けば落ちることもありますが、何を言っても本気で抵抗して嫌がるようなら、男は引くしかありません。
耐えがたきを耐え、ギリギリでも踏み留まって下さい。


2 要求を正直に伝える

次に、もう一つ方法は、二人で飲んでいる早い段階で、堂々と、「この後エッチしよう」と伝えてしまうことです。
これが有効なのは、セックスはしたいけれど付き合うつもりはないことを伝えたい場合や、相手の女性も恋愛経験が豊富で、一晩の関係というのがざらにあることを理解している場合などです。

まずは女性の恋愛観を探る

この流れは、まず食事の最中に、下ネタやコイバナを話題にしてお互いの恋愛観を探るところか始めます。
相手の女性が浮気やドライな関係をどう思っているのかを知探りつつ、あなたが面倒なことを言いだしたりしないこと、秘密を守る男だといくことを知ってもらいます。

もちろん、それを口に出して言うのではなく、水面下でお互いの暗黙の了解として話を進めるのです。(このあたりは無限トークに書いてます。)

直球で誘う

そうやって、一晩だけの関係を持っても大丈夫だと分からせてから、直球ど真ん中で誘います。
「ホントに可愛いよね。めちゃくちゃタイプなんだ。この店でたら、ホテルに行こうよ。」

あなたが可愛くて仕方ない。あなたとセックスがしたい。今すぐしたい。とにかくしたい。
そういったことを、恥も外聞もなく、目をみつめ堂々と伝えるのです。


意外と、これが上手くいきます。
女性側に立って考えれば、この誘い方も理にかなっていることが分かります。

二人だけで飲んでいるのだから、間違っても自分のことを嫌いということはあり得ません。
嫌いじゃないどころか、恋愛対象ぐらいには入っているのは間違いありません。

そんな男性から、可愛い、好きだ、抱きしめたい、セックスしたいと迫られたら、必ずトキメキます。
そこまで言われたら、いいかなと思ってしまいます。

女性だって、気になる男性とならば、身体に触れたいしセックスしたいと本音では思っているんです。

不安を取り除く

しかし、女性は男性のようにセックスしたいからするとはなりません。

彼氏がいるなら裏切ることに罪悪感を持つし、彼氏がいくてもセックスした後の関係がどうなってしまうのか気になります。

セックスしても付き合うのは面倒だと思っているかもしれません。
もし付き合うなら、その先の結婚できる相手かどうかも見極めたいところです。
一晩だけの関係なら、そのことを共通の知人に自慢でもされえたら面倒なことになってしまいます。
自宅に行って、縛られて監禁されたりと、危険な目に合う何て可能性も、ゼロではありません。

女性がそんな色々な不安があるので、セックスの誘いにすぐには応じてくれません。
そこで、その不安を解消するのが、その前のコイバナや下ネタです。

付き合うつもりはない。ストーカーになることはあり得ない。変な性癖はもっていない。病気も持っていない。秘密は絶対に漏らさない。
それを理解させるのです。
普段からの信用も、ここで後押しします。

そうして不安を取り除き、純粋に、男として好きという感情だけが残れば、もうセックスするのに抵抗はなくなり、お店をでたら真っすぐホテルに向かうことができます。

コミットしながら徐々に落とす方法と、セックスしようと直球で口説く方法は、どちらがいいかは相手と場面によります。
私も、使い分けが難しく、失敗してから後悔することもあります。

ただ、「直球で口説く」のが意外と上手くいくケースがあることは、女性を落とすバリエーションが増えるので、知っていて損はないはずです。