職場の女性へのホワイトデーのお返し

| [プレゼント] | 3,096 views

a0790_001102

バレンタインデーはチョコを貰えましたか?

「もらったけど義理チョコだけだよ」という方は、気落ちしないでください。

社会人のバレンタインデーは、義理チョコと義理のお返しをあげっこして、人間関係を潤滑にするためだけのイベントです

帰り道の途中、電信柱の影で女の子があなたを待っていて、頬を染めながら小さな紙袋を渡すと、「返事待ってます」と言い残して小走りに逃げていき、入っていたメッセージカードをみると「好きです」と一言だけ書いてある・・・

こんなことは、大人になったら起こりません。

というわけで、職場で義理チョコを貰った方は、お返しを忘れないようにして下さい。
どんなお返しをくれるのか、女性は結構シビアにチェックしています。
間違っても、忘れではいけません。

逆に考えれば、ホワイトデーは職場の女性に好印象を与えるチャンスです。

何かプレゼントをもらって、喜ばない人はいません。
プレゼントをすることは、人たらしの常套手段です。

そうした好印象の積み重ねをしていくと、女性達からは恋愛対象の一人として認識されることになります。

では、ホワイトデーでは何を返せばいいでしょうか。
a0002_007781

お返しの金額

普通の義理チョコはせいぜい500円程度ですから、慣習に従って、1000円~1500円程度で考えればいいと思います。

安すぎると、「ショボっ」とか思われるし、高すぎても「たかが義理チョコのお返しに、なに気合い入れちゃってんの?よほど嬉しかったのかしら」と軽く見られてしまいます。


何を贈るか


できれば、コンビニのホワイトデーセットは避けるべきです。

コンビニは全国チェーンですから、他の男性と被ってしまうかもしれないし、下手したらもらう女性の目に触れてしまうかもしれません。

お薦めは、この時期に百貨店で開催されている、ホワイトデー売り場でしょうか。
そういうところでは、都内の有名ホテルのケーキだとか、ブランドチョコレートなどが売っています。

同じ値段なら、コンビニのクッキーよりこちらの方が喜ばれるに決まっています。

それから、もし、ちょっと気になる女の子にお返しをするのであれば、食べ物ではなく、モノで返すのもいいかもしれません。
その女性が好きそうなもので、かつ値段が安いもの

例えば、いつもフリスクを食べている女性なら、可愛いフリスクケース。料理が好きな女性なら、珍しい調味料なんかが、喜ばれるかもしれません。

ホワイトデーは、女性に自然にプレゼントを贈ることができる、数少ない機会です。
面倒くさいとかお金がもったいないなどと言わず、センスをアピールして、他の男性に差をつけてください。

p.s
食べ物ではなくモノもいいと言い書いきましたが、その場合もやっぱり食べ物も添えた方がいいかもしれません。
動物は、仲間以外とは一緒に食事をしません。そして、食べ物をくれる相手に仲間意識を持ちます。
これは人間も同じです。
食べ物は、本能に直接働きかけるので、人の心を掴むのに効果的なんですよね。
だから、ホワイトデーのお返しにモノを贈るときも、小さなクッキーやチョコも添えるのがいいと思います。


p.p.s
社会人の恋愛は、職場恋愛が5割を占めるそうです。
その意味で、職場の女性から「恋愛対象の男」として扱われることは、重要です。
ホワイトデーだけでなく、ちょっとした機会に職場の女性にプレンゼントを贈ると、好印象をあたえることができ、ひいては恋愛対象としてあつかってくれるかもしれません。
他に恋愛対象に入るコツは、ここで詳しく書いています。