ピーク・エンドの法則:恋愛心理学

| [恋愛心理学] | 3,480 views

a0002_006473

あなたはどちらがいいか選んでください

A.痛いほど冷たい水に手を60秒間浸している

B.痛いほど冷たい水に手を90秒間浸している。ただし、始めの60秒間の温度はAと変わらないが、残りの30秒間は温度が
少し上がり、痛いほど冷たいのは同じでも、いくらかは和らげられる。

この場合、どう考えてもAの方を選ぶのが妥当です。
Bは、Aと同じ苦痛に耐えた後、さらに苦痛を受け続けます。
不快な時間は短ければ短いほどいいのは当たり前です。

しかし、人間というのは面白くできています。
ダニエルカールマンという科学者は、この実験を実際に行いました。
参加者にはお金を払い、AとBの両方を体験してもらった後、どちらの実験ならもう一度やってもいいかと尋ねてみたのです。
すると、約80%の参加者は、より苦痛が長かったはずの、Bを選んだということです。

実験の詳細と理論は省きますが、結論として、「人間がある経験を評価するとき、苦痛が一番大きかった時と、最後の時間によって判断する」ということがしばしば起こります。

これが、ピーク・エンドの法則です。

あなたも、同じような経験がないでしょうか?

例えば、学生時代、毎日早起きして学校に行き、勉強に追われる辛い毎日だったはずなのに、なんとなく「もう一度やりたいな」と思えるのは、いい卒業式を迎えたからではないでしょう。

終わりよければすべて良し

そんな言葉がありますが、これは正しかったのです。

例えば、あなたが好きな女性と初めてのデートをしたとします。
その日を終えた彼女は、ベッドの中で今日一日を振り返り、あなたの評価を下すことになるでしょう。

このとき、「ピーク・エンドの法則」が見事に当てはまるのです。

デートの最中渋滞に巻き込まれたり、雨が降ったり、レストランの予約がとれなかったり、色々なトラブルがあったとしても、別れ際の小さな一言でそのデートの印象が大きく変わります。

「終わりよければすべて良し」

これを覚えておくといいと思います。