女の子をサシ飲みデートで酔わせてサクッとお持ち帰りするには?

「酔った勢いでセックス」は今も昔も変わらない男女の基本です

適度なアルコールは、理性が抑え、本能を支配する大脳辺縁系が活発にします。
すると、自分の欲望を、素直に行動に移すようになります。
つまり、女の子は酔うとセックスしたくなるのです。

とはいえ、普通に飲んでいては、女の子はお酒の量を自分でセーブしますので なかなか酔ってくれません。

普通の居酒屋では飲むのはもっぱらウーロンハイばかりという、ちっとも面白くない展開になってしまいます。

では、酔わせるためにはどうすればいいのか?

酔わせるお店の選び方

女の子を酔わせるためには、お店の選び方から考えます。
デートだからといって単純に女の子受けするお洒落なお店かというと、そうではなく、普通の居酒屋がいい場合もあります。

お洒落なだけではなく、後述する酔わせるためのお酒や料理があること、そしてなによりも女の子の好きなお酒があることが重要なのです。

酔わせる飲ませ方

お酒は、自分のペースで飲むぶんには、そう簡単に酔っぱらいません。
酔うのは、ペースを乱されて、いつの間にか適量を超えてしまったときです。
自分が酔っぱらってしまったときのことを考えるとわかります。

このレポートでは、どうやって飲むペースを乱すかをお伝えします。

酔わせるお酒の選び方

当たり前ですが、酔うためには、できるだけアルコールの濃度の高いお酒を できるだけ大量に飲ませる必要があります。

しかし、アルコール濃度高いお酒ほど、口当たりが苦く飲みにくいものです。
かといって、飲みやすいサワー系やビールで酔わせるには、かなりの量が 必要となり、トイレが近くなるのを気にする女性は、それほど飲みません。
ここでは、4種類のお酒を、ペースを乱しながら飲ませるコツを教えます。

酔わせる料理

目の前にお酒だけがあっても、女の子は酔うほど飲んでくれません。
お酒を飲ませるためには、お酒がすすむ料理が必要不可欠なのです。
そんな、お酒がすすむ料理とは何か?
それを解説します。

ちなみに、お酒がすすまないので頼んではいけない料理はサラダです。
ヒントは水分と塩分。

飲ませ上手、酔わせ上手のサンチェが、これらのテクニックを使って女の子を効率的に酔わせる方法を無料レポートにまとめました。
sashinomi-g

下のフォームからダウンロードして下さい。
スマートフォンでもアプリ不要ですぐに読めます。
さらにいまなら合計5本のマニュアルを合わせてプレゼントします。期間限定です。