伝えたい思いを伝える方法

思いを伝える手段

頭で考えたことを、相手に伝えようと思ったとき、私たちは言葉を使います。
しかし、頭の中のことを完璧に他人に全て伝えることは不可能です。

たとえば、あなたは今ラーメンを食べているとします。

そのラーメンのスープは、豚骨ベースに36種類の野菜を三日間コトコトと煮込んで つくられています。
麺も工夫を重ね、抜群の歯ごたえを持っています。
もちろん、スープと麺にあわせて、厳選された素材を使っています。 それを食べたあなたは、36種類の複雑なスープが、シコシコの麺に絡まって あまりの美味しさに、脳内にはドーパミンが溢れてまくってしまいました。

この味を誰かに伝えることができるでしょうか。

せいぜい、
「複雑な味がして、めっちゃ旨い」
というのが精いっぱいだと思います。

一番最初に、あなたの脳内にあふれた「味の塊」は、もの凄い大きな情報量です。

しかし、口に出したとたんに、「複雑な味がして、めっちゃ旨い」という非常に小さな 情報になってしまい、二度と戻ることはありません。

この例のように、あなたが思っていることを人に伝えると、その情報量は確実に 小さくなってしまいます。

これを恋愛だとしましょう。

ある女性に何かを伝えたいとします。

自分の魅力を伝えたい、デートに誘いたい、告白する、別れを切り出す、・・・
などなど、色々あります。

きっと沢山の伝えたい思いがあるでしょう。

しかし、先の例のように、あなたが思っていることを全て伝えることは不可能です。
そのため、できる限り、自分の思いが伝わりやすい手段を選ぶ必要があります。
その手段とは、一般的に以下の4つです。

  • (1)直接会ってはなす
  • (2)メール
  • (3)電話
  • (4)手紙

それでは、一つ一つ、メリットとデメリットを見ていきましょう。

(1)直接会ってはなす

【メリット】
相手の表情をみることができる
臨機応変な対応ができる
双方向の会話ができる
あなたが思っていることを、一番伝えやすい

【デメリット】
緊張する
伝えたいことを伝えられないこともある
話しているうちに自分でもわけわからなくなりがち
余計なことを言ってしまうことがある

(2)メールで伝える

【メリット】
ゆっくり考えることができる
言葉を選ぶことができる
手軽に使える
伝えたい言葉は必ず伝わる

【デメリット】 誤解を招く可能性がある
思いを伝えるためには文章力が必要
相手の反応を目で確認できない
相手に考える時間を与えてしまう

(3)電話で伝える

【メリット】
双方向の会話ができる
相手の反応をみて話題を選ぶことができる
顔が見えないので、直接会うよりも緊張しない

【デメリット】
直接会うより分かりにくい
メールよりやや面倒臭い
顔が見えないので、反応がわかりにくい

(4)手紙で伝える

【メリット】
重大な意味をこめることができる
誠実さをアピールできる

【デメリット】
メールよりも時間がかかる
誤解を招くことがある
相手に負担になることもある

それぞれのメリットと、デメリットは、まだまだ沢山あるはずです。

サンチェは、告白だから直接会った方がいいなどという、一元的な 考え方をする必要はないと思っています。

直接会って、緊張してしまうタイプなら、思いをこめてメールをしたほうが いい場合もあります。

しかし、相手の女性がある程度の年齢でしたら、メールでの告白は 誠意を感じられないかもしれません。

肝心なのは、あなたが何かを伝えたい時に、どの

[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。