モテる男のファッションの色の使い方

コーディネートの基本はテーマカラーと、刺し色、の2色で全身をまとめることです。
さらに、ボトムを濃い目、トップスを明るめにすると色は落ち着きます。

例えば、茶色のレザースニーカー、グレーののスニーカーソックス、黒のコーデュロイ パンツ、ピンクのTシャツの上に灰色のカットソーでレイヤード(重ね着)、茶色の ジャケット、茶色のベルト。

この例は、テーマカラーが茶色、刺し色がピンクです。
テーマカラーは全身の30~50%程度になると落ち着くと思います。
色は黒、白、茶色、グレーなどモノトーンか、または明度の低い落ち着いた色に すると安定します。

それだけでは全く面白みがないので、赤、青、黄色、オレンジ、ピンクなど刺し色 を加えるとお洒落な印象になります。
刺し色は10%以内に抑えましょう。
また、必ず1色にして下さい。2色以上使うとバラバラな印象になります。

刺し色と同色をベルトやスニーカーのライン、Tシャツのロゴの色など小さなところ とあわせるとお洒落です。

特にベルトは必ず何かしらの色とあわせましょう。
基本は靴の色にあわせることです。

黒の靴には黒のベルト、茶色の靴には茶色のベルトです。
スーツの時は特に重要となります。
靴にあわせない時は、刺し色を意識してあわせるとお洒落です。

[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。