モテる男の香水のつけ方

香水をつける男性は、大抵女性から不評です。
ただし、香水自体が不評なわけではなく、そのつける量が多すぎるから不評なケースが多いのです。

香水のつける量がおとなしく上品ならば、女性に好意を持たれることが多いのも香水の特徴です。

香水のつける量

香りの種類によって違うので、ここでは詳しく説明しません。
とりあえず、これだけ覚えてください。

自分自身で香りがわかる量は、確実につけすぎです。
香水のつけすぎは、非常に女性から嫌われます。
それぐらいなら、つけないほうがよっぽどましです。

男性は体温が女性に比べて体温が高いので、香りも強くたちやすいので、ほどほどにしましょう。
女性と会っている間に、1~2回、「あれ?」っと思わせるぐらいかすかな香りで十分です。
それだけで女性はドキッとします。

きづいてくれなければ、それはそれでよしとするぐらいの気持ちでいましょう。

香水のつける場所

沢山ありますが、お勧めはウェストです。
男性は、女性に比べ体温が高いので、ただでさえ香りがたちやすいです。
腰周りなら、洋服が香りのたちすぎをおさえてくれるので、匂いが強すぎるということも少なくなります。
また、足首に少量つけるのも主張しすぎないのでいいでしょう。

女性のように手首や、耳の後ろ、髪、などにつけるのは、香りのたちすぎを防ぐには難しい場所です。

香水のその他の使い方

ハンカチやマフラー、枕など布製品につけるのもお洒落です。
つけるる量は身体とおなじく、ほどほどにおさえましょう。
くれぐれもつけすぎ内容に。

また、香水は灰皿などに少量をため、燃やすことで一瞬強く香らせることができます。
慣れてくれば、テーブルの上で燃やしてもすぐに消えますので危険は少ないです。
暗い部屋で、香水を一瞬パッと燃やすと、お洒落で幻想的な雰囲気を作ることができます。

ただし、火事を起こさないように、くれぐれも注意して行ってくださいね。
サンチェは責任持ちませんよ(笑)

[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。