モテる男の眉毛の整え方

眉毛の整え方
女性の家に遊びに行って素敵な夜を過ごした。
朝目覚めると、隣に寝ているはずの女性がいない。
女性はすでに起きていて、台所で健気に朝食の準備をしている。
後ろから近寄って抱きつくと、「もう、やめてよお」なんていいながら、ニコニコと振り返る。
・・・・。
「誰、お前?」

スッピンになると、全く別人になってしまう女性はよくいます。
ワタシも酔っていたとはいえ、絶世の美女だと思って必死に口説いてお持ち帰りした女性が、朝起きてみるとおっさんみたいな顔で度肝を抜かれたことが、一度や二度ではありません。
これだけ変われるのは、ある意味うらやましいなと思います。

残念ながら、男性は化粧をすることができないので、女性のように顔を変えることができません。
とはいえ、全くできないわけではなく、「ヒゲ」と「眉毛」ならいじることができます。
女性の化粧のように顔のレベルが2割増しとはいきませんが、上手くやれば1割増しぐらいにはなれます。

まず、ヒゲ。
ヒゲがあるかどうかで、男性の顔の雰囲気はずいぶん変わります。
ただ、一般の企業に勤める男性はヒゲを伸ばすのが禁止されていることも多く、誰でもできるというわけではありませんね。
もしあなたがヒゲを伸ばしても大丈夫な環境にいるなら、イメチェンも兼ねてヒゲを伸ばしてみるのもいいかもしれません。
ヒゲフェチの女性は結構いますので、思っていた以上に好印象かもしれません。
伸ばすなら、汚らしい無精ひげにならないよう、きちんと手入れをしましょう。

もうひとつは、眉毛。 眉毛は、ほんの数本抜いただけで顔の印象がガラっと変わります。
キリッとした眉毛はイケメンの代名詞みたいなものですが、上手に整えれば、ある程度までこれに近づけることができます。
また、眉毛をいじるのは、カッコよく見せるためだけでなく、身だしなみのレベルです。
芸能人やスポーツ選手をみればわかりますが、表舞台にでる人で、眉毛をいじらない人はいません。
ボサボサの眉毛はだらしないというのが、世間の共通認識なのです。
こちらは、ヒゲと違って誰でもできます。
もしあなたが今まで眉毛にこだわっていなければ、今すぐにでも眉毛のセットを始めましょう。

眉毛の手入れの仕方

眉毛の手入れの仕方は、大きく分けると次の3段階があります。

  1. むだ毛を抜く
  2. 長さを揃える
  3. 形を整える

① むだ毛を除く

鏡を使って眉毛の周辺をよく見てみると、眉毛から少し離れたところにも、パラパラと毛が生えていることに気づくと思います。
それらは、むだ毛です。いらない子です。
眉の周りにむだ毛があると、眉の輪郭がぼやけてしまいます
キリッとした眉を作るために、むだ毛を全て除いてしまいましょう。

ただし、眉尻にあるむだ毛は、よほど少ない場合じゃなければ残して構いません。
基本的に眉は長い方がカッコ良く見えるので、眉尻のむだ毛を剃ってしまうと、全体が短く見えてしまうからです。
なお、眉が薄い人は、むだ毛を剃るのがついもったいなく感じてしまうかもしれませんが、それは髪が薄くなった人が、未練がましく髪を伸ばそうとするのと同じ発想です。
眉が薄い人でも、ほとんどの場合は、むだ毛を剃ってスッキリさせた方がカッコ良くなります

②長さを揃える

村山富一元首相のように、ボサボサで長い眉は、もっさりした印象がぬぐえません。
陰で呼ばれるあだ名は「翁」か「仙人」です。
コームを使って、長すぎる毛を切って揃えます。
このとき、シェーバーがあると一律に長さを揃えることができるの便利です。
毛を途中で切ると、太くて黒い断面が目立つようになるので、若干ですが眉が濃くなって男らしく見えるという効果もあります。
眉が薄くて困っている人も、勇気を出して長い毛を切ってみましょう。

③形を整える

最後に眉の形を整えます。 下の図を参考に、少しずつ形を変えましょう。 くれぐれも、最初からごっそりいかないように。 あまりの激変ぶりに周りから驚かれてしまうし、自分でも何がなんだが分からなくなってしまいます。
男の眉毛の整え方

なお、人によって眉の形や濃さも違いますから、全ての人がこの図の通り上手くいくとも限りません。
もし不安な方は、美容院で髪を切ってもらったときに、ついでに眉のセットもお願いしましょう。
ほとんどの美容院では、500円~1000円程度で眉毛のセットもやってくれます。

一度それをお願いして、眉毛の長さや、眉山の形など、自分に合ったセットの仕方を教わってきましょう。
自分でも気に入ったときは、携帯で写真をとっておき、今後はそれを参考にすればいいと思います。
美容院を利用することはお洒落な髪型にしてくれるし、会話の練習にもなるし、眉毛のセットも教えてもらえるし、いいことずくめです。

ぜひ使い倒しましょう。

元の眉毛が薄い場合

元から眉毛が薄い人は、剃ってしまって余計に薄く見えるのが気になるかもしれません。
しかし、その場合でも、やはり手入れをした方がいいでしょう。
理由は二つあります

濃く見える

毛は先端にいくほど細くなりますが、途中でカットすれば断面が太くなります。
そのため、全体では色が濃く見えます。
眉毛カット後の断面

輪郭がはっきりする

元が薄いからといって、ムダ毛もそのままにすると、全体がぼやけて見えてしまいます。
ムダ毛を除けば、肌と眉のコントラストがはっきりし、キリッとした眉毛を作ることができます。
眉毛の輪郭

眉毛を整える道具

眉毛を手入れするには、まず専用の道具を買い揃えましょう。
これをケチって、洗面所にある髭剃りでなんとかしようとすると、ズルっと全剃りしてしまって迫力満点の顔になってしまいます。

アイブローキット

コーム(櫛)、ハサミ、ピンセットなど、最低限の道具がセットになったもので、コンビニに行けば800円ぐらいで売っているはずです。
何も持っていない方は、まずはこれを購入しましょう。
小さいハサミは、鼻毛を切るためにも使えます。
ただ、ムダ毛を切るまではいいとして、コームを使いながら長さを揃えるのは慣れていないと結構難しいです。 特に、利き手の反対の眉を触るときは、勝手が違います。
これはこれで買っておくとして、次のシェーバーもあった方が上手に仕上がると思います。

『ギャツビー メンズアイブローキット 』

シェーバー

要するに、眉毛用のバリカンです。
コームをセットして、例えば9ミリに設定すその長さ以下には切れないようにできるので、誰でも簡単に長さを揃えることができます。
コームを外せば、まぶたの上などハサミを当てるには怖い部分も安全に剃ることができます。
酔っぱらって手元が震えているとかでもなければ、誰がやってもまず失敗することははありません。
二千円以下で購入できるので、きっちり手入れをしたい方は是非買っておくことをお勧めします。

『panasonic マユシェーバーキット』


 

顔が悪くてもモテるには?

女性にモテないならば、ルックスに関してできることは全てやるべきです。
ここでお伝えした眉毛を整える、肌をケアする、髪を美容院で切る、歯の汚れ臭いをとるなど。
最低限やるべきことさえやれば、ルックスに関してはそれでOKです。
大人の女性は、男を顔だけで判断しません。
ルックス意外の欠点を潰し、長所をアピールすれば女性にモテます。
じゃあ、他に何をすればいいのか。
52このチェックリストを無料のPDFファイルにまとめました。
こちらからダウンロードして下さい。
モテる男になる52のチェックリスト

[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。