白い歯になる方法

白い歯はさわやかでカッコイイ男の条件の一つです。

どんなにカッコいい男でも、歯にヤニがこびりついていて黒ずんでいれば、その口とキスしたいと思う女性はいないはずです。

さらに言えば、キスしたいと思わないのに、セックスをしたいと思う女性がいるわけもありません。

歯が黄ばむのは汚れだけが原因ではない

白い歯をキープするには毎日の歯磨きが重要なことはいうまでもありません。

歯の色を決める要素には、外因性のものと内因性のものがあり、ブラッシングで取れるのは内因性のもの黄ばみだけです。

歯垢が残っていたり、色の濃いお茶やコーヒーを常飲してついた黄ばみは、歯磨きを入念に行うことで予防できます。

しかし、ちゃんと歯磨きをしていても黄ばんでくる人もいるのです。

これが、内因性の黄ばみで、歯の外側をおおっているエナメル質がもともと薄いせいで、内側の黄色い色が透けて見えているためです。

内因性の黄ばみはどんなに磨いても本来の色より白くすることは不可能ですが、気になる人は歯科でおこなわれているホワイトニング治療を検討してもいいでしょう。

しつこいヤニをすっきりおとす

人と話す時は、どうしても視線が口元にいきます。
そして、歯にヤニがこびり付いていたら、どうしたって良い印象は持たないはずです。

歯というのは、その人の健康状態も表しますので、そこが汚れていると、異性からの視線は最悪のものになると覚悟して下さい。

ヤニとり用の歯磨き粉を使う方法が一般的ですが、注意したいのは磨きすぎ。
ヤニをとろうとしてゴシゴシ力を入れて磨いていると、エナメル質がうすくなり黄色い象牙質が透けて見えて、かえって黄ばんで見えてしまう場合もあるります。

そこで、歯に負担をかけずにヤニを落とすには、歯磨き粉をガーゼにつけて指に巻きつけ、指で磨いていく方法が効果的です。

歯ブラシを使うよりキレイに落ちるし、根元のエナメル質を傷つける心配もありません。
歯磨き粉は普通のもので充分でしょう。

[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。