濡れにくい女性を濡らすコツ

セックスで濡らす

セックスの経験が少ない男性からの質問で、愛撫をしてもなかなか女性が濡れないということを聞きます。

愛撫が苦手な方は、もしかしたら勘違いしているのかもしれませんね。

女性は、気持ちよくて濡れるのではありません。

「興奮」することで濡れるのです。

ある意味、男性の勃起と似ているかもしれません。

男性は、アダルトビデオを観たり、好きな女性とセックスしているシーンを想像するだけで勃起します。

 

もちろん、ペニスを触られても勃起ますが、これは女性に求められているという状況に興奮しているとも言えます。
女性も同じです。 乳首をいじられたり、クリトリスを触られるから濡れるのではありません。

 

刺激の有無に関わらず、興奮するから濡れるのです。

サンチェがセックスするとき、ほとんどの女性は、キスをして乳首を愛撫しただけで、すでに下がグチャグチャに濡れます。

これはクリトリスを触る前に、すでに女性を興奮させているからです。

では、どうすれば女性を興奮させることができるのでしょうか。

そのテクニックは沢山あるのですが、ここでは3つの具体的な方法を教えます。 これだけで、かなり効果があるので、実際にやってみてください。

(1)あなたが興奮していることを相手に伝える

あなたは、セックスで女性を気持ちよくさせたいとか、女性が感じている姿を見たいといった願望があるはずです。 だからこそ、いまこれを読んでいるのですよね。

これは、女性も同じです。
女性も、セックスであなたに気持ちよくなって欲しいと思っているし、あなたが興奮している姿を見たいと願っています。 ならば、その願いをかなえてあげればいいということがわかります。

つまり、あなたが興奮しているということを表に出して、女性に伝えればいいのです。

そのためには、多少荒々しいセックスになっても構いません(当たり前ですが暴力的という意味ではありませんよ)。

強く抱きしめる、鼻息荒くしながらキスをする。強く勃起しているペニスを触らせる。 そうやって、あなたが興奮していると伝えることで、女性も反応して、興奮し、グジュグジュに濡れてきます。

(2)あえぎ声を出す

あえぎ声を出すのはあなたです。
フェラチオをしてもらったり、乳首や耳を舐められたら、わざとでもいいので女性のようにあえぎ声を出してください。
男があえぎ声をだすなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、その恥ずかしさを乗り越えて下さい。

あなたも、自分の愛撫で女性が声をだしたら嬉しいですよね?
女性だって同じです。
自分のテクニックが褒められたような気がして嬉しくなります

そして、もっとセックスに積極的になり、興奮して濡れてきます。

(3)密着する

 

愛撫をするときに、布団にくるまりお互いの体をできるだけ密着させた状態でします。 密着することで、お互いの体温を感じ、女性は安心感を得ることができます。
胸を愛撫するときも、体を寄せ、足を絡ませて愛撫します。

ペニスが勃起しているなら、わざとそれを押し付けるのも、自分の興奮を伝えることができて効果的です。
このとき、電気は消えていたほうがいいです。

暗いなか、更に布団にくるまれていれば、当然意識はお互いの体に集中します。
2人だけの世界がそこにできあがります。

その雰囲気が、女性の興奮をさらに高めてくれます

まとめると、

(1)自分が興奮している様子を伝える。

(2)あえぎ声を出す

(3)密着する

この3つです。 これを心がけて、女性を愛撫してみて下さい。 いつも以上に女性が興奮して、濡れてくるのがわかるはずです。

サンチェのセックステクニックをもっと知りたい方は

→ハートフルセックスマスターガイド
愛撫する、挿入する、イカせる、潮吹きする。 セックスの基本から、応用技まで紹介します。


[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。