セックスで挿入時の体位

セックスの挿入時の体位

挿入時の体位は、毎回同じではワンパターンで飽きてしまいます。 スムーズに体位を変えることで、セックスのバリエーションは大きく広がります。

正常位

正常位仰向けに寝た女性に、男性が正面から挿入する体位です。 通常位、正上位とも呼ばれます。

男性と女性が向かい合い、ペニスを挿入する正常位は、動物の中で人間だけがとる愛の体位だと言われています。

特に変わったシチュエーションではなく、ベッドの上での通常のセックスならば、最初に挿入する時の体位は正常位がほとんどだといえるでしょう。 また、体位を何度も変えたとしても、射精するときは正常位というケースも非常に多いと思います。

正常位での挿入は、ペニスを手で持って、亀頭をクリトリスにあてがい、女性の粘液をペニスにつけるようにしてから下に体重をかければ、そのままずるっと滑りこんでいきます。

ただし、女性の膣口によっては角度が難しいことがあります。
特に下付きの女性に挿入する場合は、M字開脚させた脚を更に広げて、腰を浮かせようにします。

そうすれば膣の角度が上を向くのでペニスがて挿入しやすくなります。

正常位のメリットはなんと言っても密着感でしょう。
女性にとっても体が密着して行うセックスは深い安心感に包まれ、オーガズムにも達しやすくなります。

また、男性が体を起こせば両手が自由になるので、乳首やクリトリスを愛撫しながらピストン運動をすることもできますし、女性の両足を持って、さらに大きく開かせることも容易です。

オーガズムを向かえる時の女性は、恥ずかしさと自分を失いそうな恐怖感から、無意識に逃げるような動作をしてしまうことがあります。

その点、正常位は柔道でいう縦四方固めのような形になるので、最も女性が逃げにくい体勢です。
女性がイキそうになったら、正常位でガッチリ体を固定してしまい、最後の追い込みをかけることができます。

騎乗位

騎乗位挿入時から騎乗位でに、正常位と同じくペニスと膣の角度を一致させないと挿入することができません。
仰向けになった男性の上に女性がまたがり、女性が自分でペニスを持って挿入することになります。それゆえ、経験の浅い女性ではなかなか難しいことがあります。

ですから、騎乗位は正常位から移行するほうが容易といえるでしょう。

まず正常位で挿入してから、男性が女性の背中に腕を回して起き上がらせれば、対面座位となります。
そのまま男性が後ろに倒れることで、騎乗位に移ることができるのです。

騎乗位では、女性の足は膝立ちのような姿勢になります。それゆえ、前後の動きには適しているが、上下に動くためには脚に負担がかかるため、疲れてしまいます。

女性が膝をあげて足の裏をベッドにつけることで、上下の動きは行いやすくなりますが、結合部分が丸見えになってしまうので、嫌がる女性も少なくないでしょう。

この体勢では男性がピストン運動をコントロールすることができません。
女性が快感にふけり、ピストン運動に没頭しはじめると、男性は制御できずに射精してしまうかもしれません。

そういった意味では、早漏の男性には向いていない体位かもしれませんね。

騎乗位では女性を愛撫しながら挿入するということも難しいです。
特にクリトリスへの愛撫は、指をうまく滑りこませて行っても、ピンポイントで刺激を与えることはできないと言えるでしょう。

最後に騎乗位のときに注目しておきたいことを教えます。

騎乗位では女性がピストン運動をコントロールします。
とうぜん、自分が気持ちいい速さ、深さでピストン運動をするでしょう。

つまり、その時の女性の動きは、正常位や後背位になったときのピストン運動でも、男性に求める速さ、深さなのです。

騎乗位で気持ちよくなっている女性をしっかりと観察して、その女性のツボを見抜くことで、今後のセックスにいかすことができます。

後背位(バック)

後背位後背位は女性がお尻を高くつきあげなければいけないので、経験の浅い女性は恥ずかしがって嫌がることがあります。

しかし、性感的にもとても刺激が強く、バックを好む女性も少なくありません。
セックスの中で体位を変えるときは、バリエーションの一つとして組み込んでおきたい体位です。

女性からすると、男性に背後に回られて突かれることは非常に無防備な状態です。
それゆえ、信頼している男性でないと、後背位を楽しむことができません。

これは立ちバックでも同じです。

その意味で後背位は、動物的であっても、愛にあふれる体位と言えるしょう。

立ちバック後背位も騎乗位と同じく、挿入のときは角度を合わせる必要があります。
このとき、女性がひじをつけば自然にお尻が上を向いて挿入しやすくなります。

ただし、身長差があり、膝までの長さが極端に違う場合は、男性側でも腰の高さを調整しないと、うまく挿入することはできないでしょう。
男性は脚を女性の脚の内側にいれ、自分のペニスを持って膣口を探ります。

そしてペニスの角度を調整しながら、ゆっくりと挿入します。バックからの挿入は深く入るので、あまり一気に挿入してしまうと女性が驚いてしまうので注意して下さい。

また、間違ってアナルに入れることもしないで下さい。
確かにアナルへの挿入は、そんな簡単に入るということはないのですが、アナルに入りそうになっただけで女性はびっくりして体勢を崩してしまいます。
それに、男性としてもそんなつもりがなければ、恥ずかしいですから、よく注意して下さい。

後背位は男性と女性が向きあっていないので、後ろから手を回して胸を愛撫したり、また背中やうなじを撫でたりすることになります。
また、ピストン運動をしながら手をまわして指でクリトリスをピンポイントで刺激できるので、この体位が好きな女性はいっそう喘ぎ声を強くすることでしょう。

バックからの挿入は動物的に犯されているような感覚を持ちますので、Mの女性にはさらに羞恥心を煽るような効果もあり、より感じやすくなります。
ちなみに、後背位や騎乗位を「動物的」な体位として、宗教上で禁止された地域もあります。

側位

側位女性を横向きに寝かせた状態で挿入する体位を側位と言います。
48手にでてくる松葉崩しやツバメ返しなども、側位の変化形です。
側位の一番の長所は、他の体位に比べて最も深く挿入できることです。
後背位や騎乗位での挿入時は女性のお尻の肉が邪魔になり、正常位では女性の足が邪魔になるところが、 側位ではその邪魔になるものがないからです。深く挿入できることは、そのまま女性の快感に繋がります。
特に、イカせるときの最後の追い込み時に効果的な体位と言えます。

欠点は、最初から側位に挿入するのが難しく、また他の体位から変化することも簡単ではない点です。
側位はバックからの流れで移行するのが最も簡単ですが、無理に移動すると女性の足の可動域を 超えてしまいます。
そこで、女性の膝を折り畳み、そのまま体を横に回転させると上手くいきます。


*それぞれの体位で移行の仕方やイカせるまでの追い込み方は、サンチェのセックステクニックをまとめた「ハートフルセックスマスターガイド」内で詳しく紹介しています。

サンチェのセックステクニックをもっと知りたい方は

→ハートフルセックスマスターガイド
愛撫する、挿入する、イカせる、潮吹きする。 セックスの基本から、応用技まで紹介します。


[無料プレゼント]
あなたをモテる男に変える
52のチェックリスト

女性との関係。これを知らないだけで、損をしていませんか?


このブログの著者サンチュの恋愛マニュアルを無料でプレゼント。
スマホ、パソコンで今すぐ読めます。