初デートでチェックしておきたい男性の本気度を見分ける6つのポイント

駅のトイレで化粧直しをして、前髪を整えて「よしっ!」と自分に言い聞かせて待ち合わせ場所の改札前に向かって行く・・・。
気になる彼との初デート前の典型的な最終確認シーン、女性なら1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そんなアナタの気合いとは裏腹に、その後はズルズルとよく分からない関係が続いてしまった、何回もデートを重ねたけれど彼女にしてもらえる事はなかった・・・なんていうちょっと悲しい過去があったかもしれません。
残念ながら恋愛ではアナタの身だしなみの完璧さ、デートでの完璧なパフォーマンスとは関係なく上手くいくケースといかないケースがあるものです。

「頑張って可愛い女性でいれば好きになってもらえるはず!」
「何回もデートしてくれているってことはきっと私の事を真剣に考えてくれているから!」

と期待してしまいたくなるのも分かりますが、上手くカップルが成立するにはそもそも相手の男性がどういうつもりであなたとのデートに望んでいるか?というのも大きく関わってきます。
彼の恋愛スタイルやアナタへの気持ちは少なからずデートの時に現れてきますから、初デートの時から彼がどういう目的でアナタのデートに臨んでいるのか見極める目を育てて行きましょう。

※初デートにも色々な種類があるということを念頭に!
初デートは初デートでも色々な種類があります。アナタにとっては人生掛けて臨んだ初デートでも、相手にとってはそうじゃなかった!なんていうケースも。
まずは、そもそも脈なしの進展が望めないケースのデートで出されるサインを見極められるようになりましょう。

なんとなく行ってみただけの初デートとは?

「何回も誘われていて断るのも悪いから」「特に今日予定ないし、せっかく誘ってもらったんだから行こうかな」・・・
アナタも1度はこんな理由で特に気になっているわけでもない男性とのデートをOKしたことがある経験があるのではないでしょうか?
このパターンの場合はデートに臨む前のメールの段階で彼からの「あまり乗り気じゃない」というサインが出ている可能性があります。

基本的にデートへのテンションがそこまで高くないので、その気持ちが「いいですね!行きましょう!」「了解です!」などの短文に現れている事が多いです。

そしてアナタから誘っているケースが多いのも特徴です。そして自分からリードする気はサラサラないのでお店を決めるときには「どこでもいいですよ」「お任せします」などの人任せな発言が目立ちがち。

このような言動が多く見られたら彼にとってその初デートは「なんとなく行ってみただけ」の可能性大。
気をつけたいのは、一緒に食事をしているときなんかは楽しそうに話してくれるからまたアナタから誘ってしまい、でも特に進展はないしスキンシップをとったりもしてこない彼を見て「彼は草食系なのかな・・・?」と都合のいい考え方をして自分からのアプローチを続けてしまいひとりよがりのデートもどきに時間を無駄にしてしまうという事。
彼のメールや言葉の端々から発せられる「あまり乗り気じゃない」のサインをキャッチしたならサッと身を引くか、友達と割り切って付き合っていきましょう。

下心だけがモチベーションで臨んだ初デートとは?

check3

そこまで気になっているわけでもない女性だとしても

「1回ヤッてみたいな」
「セフレにできたらいいな・・・」

そんな自分の欲求を満たしてくれる相手を捜すためにガンガンデートに臨む男性もなにげに多いのが事実。
そんな男性たちの多くは、まだまだ遊び盛りだったり、本命はいるけれどそれだけじゃ飽き足らずセフレも複数募集中だったり、ワンナイトラブのような刺激を求めていたりと、もしもアナタが真剣交際を求めているならば引っかかってしまうと厄介なタイプです。

それらの男性は基本的に複数人に同時進行でアプローチしているパターンが多いので、1人の女性に対する気持ちの比重が大変軽かったりします。
特に、彼女がいる人なんかは「最悪この子を落とせなくても自分には女がいるから」という気持ちの余裕があるため、初デートでも余裕をかまして舐めた態度や挑戦的な行動に出るパターンが多いのが特徴です。

そんなタイプの男性の典型的な行動例としては待ち合わせの時間がやたらと遅めだったり、連絡なしの数分遅刻を当たり前のようにする事などです。
それはアナタとのデートに対してあまり緊張感がないのと、あわよくばお持ち帰ろうという下心の現れです。
初デートでこの2つがそろったら少し警戒の目で彼を見る必要があります。

それに加えて「可愛いね」「モテるでしょ?」などのアナタを褒める言葉を連発してきた場合はほどんど黒に近い灰色と言えます。
お店を出たらタクシーに飛び乗るくらいの心の準備をしておきましょう。
初デートでここまでグイグイくるというのはそれだけアナタが魅力的だからという可能性は残念ながら低く「とにかくお持ち帰りたい!」「今すぐヤリタイ!」という願望が溢れ出た形です。

彼の押しに負けて流されてしまうとこの先に軽く見られてしまったり、体だけの関係に持ち込まれたりとあまり良い事がないので要注意です。
とくに結婚したい女性はこのタイプの男性に引っかかり貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

ここまでは、真剣交際を期待しない方が良い脈なしのデートの場合に見られる男性からのサインをあげてきましたが、もちろん脈アリの場合に読み取れるサインというのもあります。脈ありデートのキーワードはズバリ”緊張感”です。まだ好きという気持ちに至っていなくても、好意がある相手との初デートともなれば女性同様、男性も精一杯隠していますが少なからず緊張感をもって挑んでいるもの。その緊張感がチラリと見えやすい瞬間を注意してみる事が大切。

メニューを注文する時?アナタのテンションを伺っているかどうかチェックできる時

check2

「1杯目は何から始めればいいかな?」「料理は別々?それともシェアにした方が2人で一緒に食べれるしいいかな・・・?」
相手に対して緊張感を持っていたらこのような色々なことが男性の頭を巡り始めるもの。そのちょっとした焦り・緊張感が長い時間メニューを眺めた末に、やっぱりよく分からないから「最初何飲みたい気分?」「食べたいもの決まった?」とアナタに質問をしてくるという行動につながる事があります。

彼からこういう質問があったらその後もしっかりチェックしておきたいところ。
例えばアナタが「白ワイン飲みたいな?」と言ったら、「じゃあ俺も同じのにしようかな」など、アナタの飲み物に合わせてくれていたら、彼はあなたのデートへのテンションをさりげなく探っている可能性があるので脈アリの可能性が。
緊張感があればアナタがカクテルを頼んだのにウーロン茶を頼むというマイペースな行動にはでられません。

お店に対してのコメントからの質問?アナタの男性関係をうかがっているかも!?

注文を終えて一段落・・・と思いきやウエイターさんが去って行った後のつかの間の沈黙に、緊張感が高い彼は敏感に反応する事が。

沈黙を即座にかき消すように「いい雰囲気のお店だね」「あんまりお客さんいなくて良かったね。」などの当たり障りないお店へのコメントは彼の緊張感がポロっとこぼれ出た瞬間かもしれません。そしてそれにひっかけて「こういう感じのお店ってよく来るの?」という質問がでたらアナタもちょっと緊張感をもって回答するようにしましょう。

なぜなら彼はアナタの回答を聞いて「こういうお店って1人では来ないよな。」「デート慣れしてそうだな・・・もしかしたら自分以外にデートしてる人がいるのかも」など、アナタの男性関係を想像するからです。

アナタに対して脈があるからこその質問ですが、ここであまり多くを語りすぎてしまうと相手のテンションを下げてしまいかねないので「こんな薄暗いレストランあるんですね♪」「1人だったら緊張するかも?」のような感じでさりげなく「あんまり慣れてないのかな?」=”ピュアっぽい”と彼に妄想してもらえるような回答をしましょう。

仮にそれが本当じゃないとしてもOK。いらない情報を与えて彼をがっかりさせてしまうよりもずっといい結果を生み出します。

小さなスキンシップがあるかチェック?スキンシップの大きさは緊張感と反比例

お酒が回ってきたところでスッと腰に手が回ってくる・・・緊張感のないチャラ男さん相手のデートだったらこんなこともしばしばですが、脈アリの場合のスキンシップは「このピアス可愛いね」とちょこっと指差しながら褒めてきたり、「これ、髪の毛染めてるの?」と触りながら聞いてきたりなんていう感じで驚く程小さいのが特徴的。
というのも、いきなり腰に手を回したり、突然キスを迫ったりする事でビックリして拒絶されてしまうのがやっぱり怖いから。

ちょっとずつ小さなスキンシップをしながらアナタの反応をうかがっているのです。これらの小さなスキンシップが見られたら、とりあえずアナタのすることはニコニコと可愛い笑顔を見せるだけです。
それが彼にとって「嫌じゃないんだな」と次の段階に一歩踏み出していいサインになります

誘われるか誘われないかだけでは情報不足?誘われ方も緊張感が分かるポイント

ファーストデートでホテルや家に誘う男は遊び人、本気の男だったらファーストデートでは誘わないというのが女性のなかでは男性の真剣度をはかるひとつの物差しになっていますが、そこだけで男性をジャッジしてしまうのは少し酷なものです。

デートの別れ際というのはそのデートの印象を大きく左右するのでイージーミスは避けたいところ。誘われなかった=脈アリ 誘われた=遊び という単純な図式ではなく、誘われたとしたら、彼の誘い方の裏に隠れているアナタへの気持ちにフォーカスしてみましょう。

例えば、お店を出てから駅まで歩いているときは何も言ってこなかったのに、別れる直前になっていきなり「家来てみる?」と小さく言ってきたり、道中ずっと観たい映画がある事、家の近くにTSUTAYAがある事をアピールして遠回しに誘っているんだかなんなのだか・・・などなどは、男性がうっかり犯してしまったミスという事もあり、それもなんだかんだ緊張感が原因だったりするので、「結局それが目的だったんだ・・・。」とガッカリする必要はありません。

可愛らしいミスの場合はアナタへの好意としてプラスに捉えるようにしましょう。だからといって彼に合わせてついて行く必要は全くありません。抵抗があるなら「また次誘ってください♪」と一言残して自宅に帰りましょう。

まとめ

脈なしのサインがあからさまで分かりやすいのに比べて脈アリのサインはちょっとした瞬間にチラッと垣間見えるくらいです。
そして脈アリのサインの中には緊張感が一番高い初デートでしか見えないものも多々あるので、初デートでは笑顔で可愛く受け答えしつつもその瞬間を逃さないようにアンテナを伸ばしておくようにしましょう。

真剣交際を希望の女性は、まず脈なしのサインが出ているデートには時間を費やさないこと、そして脈なしのサインが出ていなくてかつ脈アリのサインを出してくれているかを初デートの時にしっかりチェックしておきましょう。