男性の脈ありサインを見分ける方法

気になっている男性がいるんだけど、自分に好意を持ってくれているのかわからないから、積極的に行動できない。
そんな女性にとって、男性の脈ありサインは気になって仕方がないかもしれません。
ここでは、男性のちょっとした行動が、脈ありかどうか。また、そのそも脈アリサインを読みとることに意味があるのか。
そうしたことを解説します。

サイン1・遠くから見つめてくる

男性にとって、女性を手に入れることはモチベーションの原点です。
ギターを始めるのも、高価な時計を買うのも、出世してお金を稼ぎたいのも、そのほとんどが女性にモテたいからです。
男性にとって、女性は手に入れたい対象そのものなのです。
そして、人間心理から言っても、欲しいものがあれば、それに目がいってしまうのが、ごく自然のことです。
ふと視線をあげたときに、しょっちゅう目が合う男性は、あなたが欲しくてつい目で追ってしまっている可能性が高いと言えます。

サイン2・会話中に目が合う

遠くから見つめてくるのは脈ありサインですが、すぐ目の前にいて自分を真っすぐ見つめてくる男性は、逆に脈ナシの可能性の方が高いでしょう。
視線のページでもお話しましたが、女性は好きな男性の目を見つめるのに対し、男性は好きになった女性の目を堂々とみつめることができません。
人間の心理からいっても、もしあなたが“欲しいもの“だとしたら、その目の前でもの欲しそうにみつめることは、心を見透かされそうで避けようとします。
特に恋愛慣れしていない男性はその傾向が強いと言えます。

だから、目の前にいるのにまっすぐ自分を見返してくる男性は、よっぽど女性に慣れているか、あなたに興味がないかのどちらかと言えるのです。

サイン3・からかってくる

「おまえ、眉毛薄いよな」「今日、化粧濃くね?」「胸全然ないだろ」
男性からこんなことを言われるとイラッとするかもしれませんが、これが脈アリサインの可能性があります。
あなたとの会話を盛り上げたいのだければ、何を話せばいいのかわからないので、とりあえずからかっておけば、何か反応するだろうと考えているわけです。
要するに、小学生男性が好きな女の子にちょっかいを出すのと同じ心理です。

サイン4・間違いメールが届く

男性から、自分とは何の関係もないメールが届いたら、その男性はメールを送る相手を間違えたか、そうでなければ、これが脈アリサインの可能性があります。
どういうことかというと、好きな女性にメールを送りたいけど、送る理由が思いつかなかったため、間違いメールを装ってあなたに接触しようとするするのです。
特に、フラれて返事が返ってこなくなりせっぱつまった男性がよくやる手口です。
モテる女性には、同僚の男性からやたら間違いメールが届くのは、これが理由です。

気になる男性から間違いメールが届いたときは、「送り先間違ってるよ」といって終わらせるのではなく、少しだけ世間話をいれたりして反応をみてみるのがいいかもしれません。
もちろん、本当にただ間違っただけという可能性もありますから、あまり有頂天にならない下さいね。

サイン5・メールやラインの文章が長い

男性同士のメールをみたことがある方ならわかるかもしれませんが、男性のメールは基本的に情報伝達しかしません。
「来週フットサルやるよ」「オケ」「じゃ、よろしく」「来週の詳細送って」「10時に駅前集合」「了解」「10分遅れる」「マックいる」
ほんと、こんな感じです。男性はメールの文面を考えるのが面倒で仕方ないのです。

相手が女性であっても、それがどうでもいい相手ならば、男性と同じように情報伝達しかしません。
だから、世間話程度のメールでやけに長い文章を送ってくるのならば、あなたに興味があって、長文を作るために時間を割くのをいとわないからだと考えられます。

ただし、メールの返信が「了解」だけだったとしても、落ち込む必要はありません。
好きな相手であっても、何を書いていいか分からないから、それで済ませているだけかもしれませんから。

サイン6・メールやラインの返信が遅い

好きな男性に送ってから返事が返ってくるまでの時間はドキドキするものです。
すぐに返信が返ってくれば、もしかして私に気があるのかもと思いたくなるし、逆にあまりに遅いと、返信するのが面倒なぐらいどうでもいいのかなと落ち込んでしまうでしょう。
特に、ラインは既読になっているのに返信が返ってこないと、やきもきしてしまいます。
では、メールの返信の速さで脈あり、脈ナシを読みとることができるのでしょうか。

結論を先に言うと、「メールやラインの返信タイミングで判断するのは難しい」と言えます。

当サイトでは、携帯メールに対して男性読者へアンケートを行いました。 その結果、多くの男性が、「好きな女性からメールがきた時は、駆け引きのために返事を遅らせることがある」と答えたのです。
また、「メールの返信を忘れることはあるが、好きな女性に返信を忘れることは絶対にない」という男性も非常に多い結果となりました。

この結果を考えると、メールの返信が遅いことが脈アリかもしれないし、本当に面倒で返信が遅いこともあり得ます。
メールやラインの既読後の返信の速さについて、あまり深く考えない方が精神衛生的にもよさそうですね。

恋愛慣れしている男性にはあてはまらない

ここまで脈アリサインの読みとり方をいくつか紹介しました。
しかし、当たり前ですが、相手は人間ですから、仕草や行動だけで100%読みとることは不可能です。

また、ここで紹介した脈アリサインは、女性に慣れていないシャイな男性ほど当てはまりやすいものです。
いうなれば、脈アリサインとは女性に慣れていない男性の典型的な行動です。

女性慣れ、恋愛慣れしている男性の脈アリサインは簡単には読み取れません。
そうした男性は、自信満々にあなたの目を見つめて話します。からかうのではなく化粧やファッションを褒めてくれます。マメなメールがモテることを知っているので、全ての女性に世間話を混ぜた長文のメールを送ります。 脈アリサインを読みとろうとしても、疲れるだけであまり役に立たないのです。

女性は脈ありサインを読みとるのではなく、サインを送る側

ではどうすればいいのでしょうか。 男性達が気にしていることは、(あなたと同じように)自分に気があるかどうかです。
男性達も、あなたの脈アリサインを読みとろうと必死なのです。

あなたに気がないと判断したら、その男性は他の女性に目を向け、落とせそうな女性を探しにいきます。

あなたに気があるとわかれば、向こうから勝手に近づいてきて、食事に誘ってくれます。
つまり、あなたはやるべきことは、男性の脈アリサインを探して自分から動くことではなく、脈アリサインを送って、自分を口説くように仕向けることです。

脈アリサインを読みとるのではなく、サインを送る。

これが女性の大事な恋愛テクニックです。