男性への愛撫の仕方

注意:こちらは女性向けのページです。
→男性編セックステクニックはコチラ

「セックスは男性がするものではなく、2人でするもの」 「床上手になるポイント」ではそう教えました。

これには、「女性は男性からの愛撫を受けるだけではなく、自分からも攻めなければいけない」という事を意味します。

エッチのとき、「さあ、どうぞご自由に」とばかりベッドの上にどかーんと寝ころび、自分からは一切動かない女性を、俗に「まぐろ」と言います。

その様子が、市場に卸されて値段をつけられている冷凍マグロのようだという意味です。
まだ若くてセックスの経験が少なく、どうしていいかわからない女性なら、男性は、これも初々しくて可愛いなと思うかもしれません。
しかし、ある程度の経験があるのに、一切何もしない「まぐろ」の女性は、こいつとセックスしてもつまらないなと感じて、そのうち飽きてしまうことでしょう。

昔から良く言われますが、男性が女性に求める理想像は、「昼は淑女、夜は娼婦」です。
セックスに積極的な女性は、男性にとってもやっぱり嬉しいのです。

女性がする愛撫というと、すぐにフェラチオを思いつくかもしれません。
確かにフェラチオは、男性を愛撫するテクニックのなかでも、最も重要なものです。
全身を感じる女性と違い、性感帯がペニスに集中している男性は、そこを攻められるフェラチオが最も気持ち良いからです。

しかし、ペニスだけを愛撫すればいいかというと、そうではありません。
フェラチオするまでに、男性を焦らしながらじっくりと攻めることで、男性を興奮させるのです。

セックスは通常、次のような流れで進みます。
キス→徐々に服を脱ぐ、脱がせる→男性が女性の胸を愛撫→男性の手が徐々に下に移動して・・・・・

この流れのまま、まま挿入を許してしまうと、あなたはマグロ女で終わってしまいます。
どこかでさえぎって、女性が男性を愛撫する時間を、自分から作ってあましょう。

男性を愛撫する順番は、男性が女性にするのと、ほぼ同じ流れで問題ありません。
女性が上になりキス→耳を愛撫、乳首を愛撫→乳首を舐めながら、ペニスを手で愛撫→フェラチオ
こんな流れが普通でしょう。

男性の表情を確認しながら、気持ちよさそうなところを丁寧に愛撫すればOKです。

それでは、もう少し具体的に説明しましょう。

愛撫の仕方(1)~耳を愛撫

男性も耳は感じます。直接気持ちいいという人もいますが、音から得る興奮も大きいのです。
耳を愛撫する時は、できるだけエロイ音を意識しながら愛撫しましょう。

耳元で音を出すと、ほんの小さな音でも、とてもクリアに聞こえます。
イヤホンを思い出せば、その効果がわかるはずです。
この効果を狙って、耳の穴に唾液を入れないように気をつけながら、自分の口の中で唾液をクチャクチャと音を出しましょう。
男性を攻めながら、自分も興奮しているような声をだして、耳に熱く吐息をかけるのもいいですね。

唾液の音とあなたの吐息に、男性は興奮するのです。

愛撫の仕方(2)~乳首を愛撫

私は、女性への愛撫の仕方を男性に教えるときは、できるだけ優しく、フェザータッチを意識して下さいと伝えています。

しかし、女性が男性を愛撫するときは、ちょっと違います。
男性の身体は、数千年ものあいだ、狩猟や戦争で傷つき続けたので、些細な怪我や刺激にはひるまない遺伝子が残っており、女性と比べると鈍感にできています。

だから、男性の乳首を愛撫する時も、ひっかいたりつねったりしなければ結構強めに刺激して大丈夫です。

乳首が感じる感じる男性と、感じない男性がいることは確かですが、女性が愛撫しているその姿に興奮することもあるので、耳と同じように、音を立ててくちゃくちゃと愛撫するのが効果的でしょう。

愛撫の仕方(3)~焦らす

愛撫のテクニックとしては定番ですね。でも、やっぱり効果があるので、上手く使ってあげましょう。

駄目といわれると、やりたくなるのが人間の心理です。その心理を上手く煽るののです。
焦らすには、脱がない、キスしない、触らせない、触らない、挿れさせない、といった方法があります。
男性を上から愛撫していき、さあペニスかと思わせといて、そこは触らずに、太ももをさすり続けるのもいいでしょう。

ただし、Sっ気のある男性を焦らしても、あまり効果がありません。
焦らすというテクニック自体を見透かされて、萎える原因になりかねないので、いつまでも焦らすのではなく、頃合を見計らうのがコツです。

愛撫の仕方(4)~ペニスを愛撫

なんだかんだと言って、男性はペニスが一番気持ちいいです。
ここまで乳首をなめたり、焦らしたりして、男性の性欲はピークに達しています。

その瞬間を見計らって、ペニスを触ってあげれば、男性は気持ちよさが脳を突き抜け、 思わず声を出してしまうかもしれません。

フェラチオの仕方のページでも詳しく書いています。詳しくはそちらを参照ください。

愛撫の仕方(5)~脳を愛撫する

「脳を愛撫する」とはいったいどういうことでしょう。
これはとても重要であり、もしかしたら男性が最も喜ぶことかもしれませんので、よく覚えておいてください。

男性は、体が気持ちいいだけでは、決してセックスに満足しません。
射精するだけなら、オナニーで十分だからです。

男性を興奮させ喜ばせるためには、精神的な満足も与えなければいけません。
そこで、自尊心を刺激しする、優越感を持たせる、征服感を満たす、自信を持たせるといったことが必要です。 これが、「脳を愛撫する」という意味です。

具体的には、従順な女を演じる、気持ちいいフリをする、男性の性器をホメる、 イッタふりをする、といったことが考えられます。

そのためには、多少の演技も必要になります
演技というと言葉が悪ければ、セックスを盛り上げる演出と言ってもいいでしょう。
脳を愛撫することで、男性はオナニーでは得られない満足を得ることができ、あなたとのセックスにはまっていくのです。

また、男性への愛撫の仕方は、サンチェの「女性のためのセックスマニュアル」でも詳しく解説しています。

セックステクニックをもっと知りたい方は

→「女性のためのセックスマニュアル」
サンチェが教える、女性向けHマニュアルです。
画像付きでバッチリ解説します。
彼が「あん」なんて声を出しちゃうかもしれませんよ。

ll