初体験の痛みと不安

初めて膣にペニスを挿入するとき、「鼻の穴に大根を突っ込むくらい痛い」なんていいます。
大好きな彼とエッチしたいけど、この痛みが怖くて初体験に恐怖と不安を持っている女性は多くいます。
ここでは、その処女の痛みについて解説します。

処女が痛みを感じる理由

初めてペニスを挿入した時の痛みは、処女膜が裂けること、無理に膣が拡張されること、膣内部の粘膜が摩擦によって刺激を受けて傷がついてしまう ことなどによって生じます。

処女膜が裂ける痛み

誤解されている方がよくいますが、処女膜とは膣の内部を入り口付近にある粘膜の”ひだ”を指し、これは内部を”狭めている”だけで、通常は膣をふさいでいるものではありません。
もしふさいでしまっていたら、生理のときに困ってしまいますよね。
初めてペニスを挿入すると、この処女膜を押し分けて入っていくので、裂けてしまいます。 このときに出血するとともに、痛みを感じます。
とはいえ、小さな切り傷のようなものですから、それほど恐れる必要はありません。

無理に膣が拡張される

これが「鼻の穴に大根を突っ込むくらい痛い」という理由です。
「絶対無理、こんなの入るわけがない」と思うかもしれませんが、膣は女性の体の中でも特に柔軟にできていますから、ゆっくりと進めていけば必ず入るように できています。

そもそも、同じところから赤ん坊の頭だってでてくるのです。
出産の痛みは「膣からスイカが出てくる」というぐらいですから、大根ぐらい入れるのはわけがありません。
そうでなければこんなにたくさん人間は生まれてきません。
あなただけ特別ということはありませんから、安心してください。

緊張していると、余計に収縮してしまうので、安心できる彼とリラックスできる雰囲気で試すのが大切です。

摩擦による刺激

ペニスを挿入したあと、男性はそれを前後に動かすピストン運動をします。 このとき、女性が十分に濡れていれば、それが潤滑剤としなってスムーズに動き、お互いの快感となります。

しかし、初体験で緊張している女性は、愛液が十分に分泌されず、乾いた粘膜同士がこすれてしまい、 そこに擦り傷ができてしまいます。
これが痛みの原因です。

最初のうちは、エッチを楽しむ余裕がなく濡れにくいのは仕方がありません。
そこで、彼にあまり急ぎ過ぎないよう、優しくしてもらうようにお願いします。

どうしても痛い場合は、ローションやワセリンを塗ると摩擦による痛みは軽減します。
なんどかエッチの経験をすれば、恐怖感も減ってくるはずです。
そうなったら、リラックスして、性的興奮に身を任せれば、愛液の量も増えてきます。

初体験の痛みには個人差がある

初体験の痛みは、個人差が大きくあるようです。

初めてのエッチの体験談を女性に尋ねてみると、「処女だったけどスルっと入ってめちゃめちゃ気持ちよかった」という女性がいれば、 「痛くて泣いてしまいしばらくできなかった」という女性もいます。
大半の女性は「やっぱりちょっと痛かったけど、我慢できる程度だった」といった感じでしょうか。

しかし、「痛くて半年ぐらい上手くいかなかった」という女性はいても、「痛くて10年間できなかった」という 女性はいまのところ見たことはありません。

前述しましたが、女性の体は、男性のペニスを受け入れるようにうまく出来ています

あなたの初体験がどの程度の痛みになるかわからないし、もしかしたら最初は全然上手くいかないかもしれません。
しかし、いつかちゃんとできるようになりますから、「まあなんとかなるかな」と思って気楽に考るぐらいがちょうど いいでしょう。

マンガで学ぶエッチの仕方

セックスの仕方を詳しく知りたい方は

→「女性のためのセックスマニュアル」
サンチェが教える、女性向けHマニュアルです。
エッチの知識が全くなくて不安な方は、これを読めばわかります。