エッチのときの服の脱ぎ方

エッチをするとき、女性が着ている服は男性に脱がせてもらうことが前提です。

慣れた女性は自分からすすんで脱いでしまって、男性にとって興ざめになってしまうことがよくあります。

男性にとって女性の服を脱がせることは、最高に興奮する瞬間です。女性を意のままに操ることによって、支配欲が満たされるからです。ここはぜひ男性に脱がせてもらいましょう。

ポイントは二つ。

下着はできるだけ見せてはいけない

どんなに高いお金を払った自慢の勝負下着でも男性にじっくりと見せる機会を与えてはいけません。
スカートを履いている時は、できるだけ足を閉じ、めくれあがらないように注意しましょう。

男性の大半は、女性の下着が大好きです。

冷静に考えると単なる布切れでしかないのは頭ではわかっていても、見たくて見たくて仕方ないのです。

芸能人や警察官など、地位も名誉もある人が盗撮や下着ドロで捕まるニュースが毎日のように流れています。それを考えれば、その欲望の大きさがわかるのではないでしょうか。

あなたの下着姿に、男性は最高にそそられています。

そう簡単に満足させてはいけません。できるだけ出し惜しみしましょう。
意図的にチラリと見せて、彼の欲望に火をつけましょう。
もし、意図せず見えてしまったときは、すぐに隠して、恥ずかしそうに顔を赤らめましょう。
その姿に、男性は興奮を覚え、あなたが欲しくて欲しくて仕方がなくなります。

男性は、焦らされながらも結局自分のものになるという展開に非常に弱い生き物なのです。

服を脱がせてもらうのをさりげなく手伝う

男性があなたの服を脱がせようとしたとき、あなたは”さりげなく”それをサポートしましょう。

女性が自分の服を脱ぐのは簡単ですが、男性が女性の服を脱がせるのは、慣れた人でも簡単ではありません。

だから、全てを男性に任せると、モタモタしているうちに、せっかく盛り上がったムードが台無しになってしまいます。
そこで、あなたはさりげなく腰を浮かせたり、脱がせやすいように体勢を入れ替えたりと、手伝ってあげてください。

あまりにじれったいからといって、バシバシ自分で脱いでしまっては、さっきまでのせっかくの恥じらいが吹っ飛んでしまします。自分から脱ぐのは最後の手段としておきましょう。

男性にとって一番難しいのは、やはりブラと、次にベルトです。

ブラは意外とみんな研究しているので、普通のホックなら経験者はまず外せますが、少しきつめにつけていたりすると力加減がわからないのでなかなか外れないことがあります。

これは自分で外さない限り、相手を信じるしかないのですが、外れるまで情熱的にキスをし続けるなど間が空かないように注意しましょう。

次に難しいのはパンツのベルトです。

男性のベルトは基本的に装飾があまりないため、シンプルなつくりのベルトしか外したことがない場合が多いです。

これはブラと違って、そもそも外し方がわからないという状態に陥るのでかなり危険です。

できるだけ、エッチしそうな日には特殊なベルトをしていかないという方法しか解決策はないと思います。

他にも男性にとって脱がせにくい服は沢山あります。

多少脱がせにくいぐらいなら、むしろ興奮するのでいいとおもいますが、外し方、脱がせ方が男性にとって理解不能なものは間が悪くなる原因になるので、初めから避けておいた方が無難です。

彼氏にフェラしてあげたら柔らかくなっちゃいました(泣)